2008年03月29日

ちりとてちん最終回・・・「しっかりしぃ!!どげんしようは禁止や!!」

ちりとてちん」ゴールデンウイーク総集編は、前編は5月5日午前8時35分−10時13分。後編は同6日の同じ時間。

好評を博しているので…「ちりとてちん」GWに総集編

あおいに続け…貫地谷しほり“ジンクス”破れるか

★★★

strong>ちりとてちん最終回は・・草々(青木崇高)さんの号泣と、貫地谷しほりちゃんのキレーな笑顔でエンディングとなりました。また、いつか会いたいものです。

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん最終週「笑う角には福来る」3/24〜3/29


★★第151話最終回 3/29(土)★★

2007年春、喜代美(貫地谷しほり)は臨月を迎えています。

「ビーコ」と順ちゃんが遊びにやってきました。

「痛いんやろー??いややー」喜代美・・

順ちゃんは・・・「子育て始めたら、出産の痛みなんてたいしたことなかったって思うようになる・・・」

「どげんしよー」喜代美・・・

しっかりしぃー。あんたは、生まれてくる子どものおかあちゃんになるだけでなく、どんどん増えてくる草々さんのお弟子さんのおかあちゃんんもならんとあかんのやろ、ひぐらし亭に出入りするみんなのおかあちゃんになるって決めたんやろー。もうどげんしようは禁止や!!」順ちゃん・・

★★★

魚屋食堂で・・・

「おとうちゃん、ぼくにもサバ焼かせて!!!」ジュンペイ君

秀臣さんは「新しいお箸できたで・・」と・・シュンペイ君にみせます。

ジュンペイ君は魚屋食堂の跡継ぎ、シュンペイ君は若狭塗り箸製作所の跡継ぎになっていくのだとか・・・。

焼きサバによるケンカの仲裁も代々受け継がれていきます。

★★★

ひぐらし亭では・・・

小草若(茂山宗彦)さんが、とうとう「草若」を襲名し、襲名披露が行われています。

「やっと、また草若に会えた・・・」鞍馬会長・・

★★★

小浜・・・

小草若さんの襲名披露に出られず、残念がっている喜代美の元へ

奈津子(原沙知絵)が現れます。・・喜代美の子どもの頃の写真を本に載せるのだそうです。

奈津子さんは、のちに喜代美の本を出版するのですが、あまり売れなかったとか・・

★★★

居酒屋・寝床では・・・

清海(佐藤めぐみ)ちゃんが小草若さんに

「襲名おめでとうございます・・」

小草若さんは・・お箸のイベントに呼んでくれたのがきっかけに落語を再会できたと・・「そこぬけにおおきに!!」とお礼を言います。

清海ちゃんと(小)草若さんは、仲良くなっていくのですが、なかなか結婚には至らないようです。

草原(桂吉弥)さんは

長年の功績が認められて、大阪府から権威ある賞が贈られました。

草原さんは「長い間、一番のファンでいてくれた嫁が表彰されたようなもんです・・」と相変わらずに夫婦仲良しです

草原さんはその後もおごることなく落語を続けていて、徒然亭だけでなく上方落語一頼れる兄さんです。

「算段のへいべい」が十八番となった四草(加藤虎之助)の元へは・・・

突然、「あなたの子です・・」男の子が現れましたが・・四草さんはなんの疑問も持たず、その男の子を立派に育て上げました。
「迷い込んできたものはしゃあない」と。

熊五郎さんと咲さんと磯七さんの薀蓄(うんちく)と菊枝さんのたあいないおしゃべりは、ひぐらし亭とおんなじようにずっと続いていきました。

草々(青木崇高)さんは、相変わらず落語一筋・・・弟子入り志願者があとを絶ちません。

木曾山勇助(辻本裕樹)くんは、いつか「小」の字が取れるようにと腕を磨いています。
しょうもない嘘をつく癖はそのままです。

正平(橋本淳)くんは勤めていた小学校から、勝山の恐竜博物館に移り、留学もして学芸員の資格をとりました。

★★★

和田家の夕食時・・・

喜代美の「恐竜博物館に行こうかな・・・」に

小梅(江波杏子)さんは

「行きなはれ、おばあちゃんはやっぱりティラノサウルスが一番粋だと思いますー」

小梅さんはいくつになっても好奇心が旺盛です

おとうちゃん・正典★松重豊さんは工房の仕事のほかに、若狭塗り箸製作所へ出向いて若い人達に仕事を教えています。おじいちゃんに負けない職人さんになっていきます

糸子(和久井映見)さんは・・・

くんくん鼻を動かして・・

「喜代美、そろそろ心構えしておきなさい、2,3日内に生まれるでね。匂いでわかる・・おかあちゃんの言うことは聞いておきなはれ・・・」

糸子さんは相変わらず、毎日毎日おかあちゃんをやっております

ずっとすっと喜代美のおかあちゃんです。

★★★

喜代美がおじいちゃんの形見の落語のテープを聴いていると

「また聞いているのか、そんなに好きやったらやめなければよかったのに・・」と草々さん・・

「うそやうそや・・子どもが無事に生まれたら、子どもとひぐらし亭のおかあちゃんとしてしっかり働いてくれ・・」

喜代美は・・「はい・・・・いたたたたた・・・」

「救急車ーーーーー」草々さん・・・

分娩室の外で草々さんは・・

「野辺へ出てまいりますと、春先のことで・・空にはひばりがぴーちくぱーちくさえずって、下には蓮華たんぽぽ花盛り、陽炎が遠山にはスーッと霞が尾をひいたよう・・菜種の花が彩っていようかという本陽気、やかましういうてやってまいりますその道中の陽気なこと・・・」

新しい命の誕生です・・・号泣する草々さん・・・

「おかしな人間たちの道中はまだまだ続いていきますが・・お時間です・・またいつの日かおつきあいを願います」

ナレーション・・上沼恵美子さん・・・

★★★

ちりとてちん第150話「おかあちゃんみたいになりたいんや・・・」

ちりとてちん・最終週149話「毎日、続けるゆうのはそれだけで、すごいことやで」

ちりとてちん・最終週148話「あんたは、昔おかあちゃんのおなかの中におったんや」

ちりとてちん・最終週147話「若狭、ありがとう、女の子だったら・・落子や」

ちりとてちん第146話「親子2代にワタって世話になりっぱなしや」

★★先週のちりとてちん大草若の小さな家」★★★



ちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」

★★

NHK朝ドラ「ちりとてちん」続編制作へ

貫地谷しほり、めがね姿披露


posted by ちりとてちん at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・最終週(3/24〜3/29)

2008年03月28日

ちりとてちん第150話「おかあちゃんみたいになりたいんや・・・」

★★★

ちりとてちん」ゴールデンウイーク総集編は、前編は5月5日午前8時35分−10時13分。後編は同6日の同じ時間。

好評を博しているので…「ちりとてちん」GWに総集編

★★★

落語はよくわかりませんが、今日の喜代美(貫地谷しほり)ちゃんの愛宕山・・素晴らしかったように思います・・泣きそうになりました・・

おかあちゃん・糸子(和久井映見)さんに感謝の言葉を言うシーン・・もちろん泣けました・・

一緒に見てた、息子(5歳)も・・・じーーーーっと・・・^^

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん最終週「笑う角には福来る」3/24〜3/29

★★第150話 3/28(金)★★

「えー、姉ちゃん、出番決まったんか・・」正平(橋本淳)くん

「そう、体調も落ち着いてきたし・・って。10月11日・・・おじいちゃんの命日・・・」糸子(和久井映見)さん

★★★

10月11日・・

黄色の着物姿の喜代美(貫地谷しほり)・・・

おじいちゃんの声が・・・

人間も箸と同じや、研いででてくるのは塗り重ねたものだけや、一生懸命いきてさえおったら、悩んだことも落ち込んだこともきれいな模様になってでてくる、お前のなりたいもんになれる・・・

「人間も箸と同じや・・」10/4
★★★

高座に上がる喜代美・・・

「ようこそのお運びありがとうございます。徒然亭の紅一点若狭でございます。初日にご挨拶には顔を出せませんで失礼致しました。

私事で恐縮ではございますが、結婚して10年、やっと子どもを授かりまして・・・

けったいな感じですね、おなかの中に子どもがいるというのは・・。

ワタシは小さい頃からなんでもくよくよ悩む癖がありまして・・・

それだけは似てほしくないなーそない思えば思うほど似てしまうんやろなーいややなーてもうすでにくよくよ悩んでおりますけど・・

まーそんなくよくよ悩んでばかりおりました私を笑わせてくれたのが落語でごさいました。

ウチの師匠の愛宕山をですね、毎日毎日聞いておりました。

師匠の十八番のこのネタに今日は挑戦させていただきます。

・・・

えー太鼓もち、男芸者と呼ばれる商売がごさいます・・これがなかなか難しい商売でして・・

どんどん西へ出てまいります・・西へまいりますと、春先のことでして空にはひばりがぴーちくぱーちくさえづって、下にはれんげたんぽぽの花盛り、遠山にはすーっと霞がひいたような麦が青々と伸びて菜種の花が彩っていようかというこの陽気、やかまいう言うてやってまいりますこの道中の陽気なこと・・・・・・

へいだんさんただいま・・・金は・・あーーー忘れてきたー」

笑い声にあふれる会場・・・

喜代美は深々と頭を下げ・・・

本日は、ワタシの最後の高座におつきあいいただきましてありがとうございました・・」

回想シーン

今日のちりとてちん10/3A遠足

★★★

「なにをまたわけのわからないことを言ってるんだ・・今までの修行を全部無駄にするつもりか・・」草々(青木崇高)さん

喜代美は澄ましています・・・

見つけてしまったんです、自分がなりたいもの・・・」

糸子さんが飛び込んできて

「喜代美、あんたいったいなにを考えてるんや、ちゃんと修行をつづけなさい・・」

喜代美・・「おかあちゃん、ごめんな」

糸子さん・・「謝るくらいなら最初からそんなこと言うんじゃありません!!」

喜代美・・「そのことやない・・小浜でるときひどいこと言うてごめんな・・

(おかあちゃんみたいになりたくないの・・・)・・・ごめんなさい・・

あの頃、私、おかあちゃんの仕事、しょうもないもんだと思ってた・・自分のことはおいておいて家族の心配ばっかりして、人のことでないたり笑ったり・・なんてつまらん脇役人生やと思ってた・・けどそやなかった・・おかあちゃんは太陽みたいに周りを照らしてくれてる・・毎日毎日・・・それがどんなに素敵なことかわかったんや、どんなに豊かな人生かわかったんや・・おかあちゃんありがとう・・・おなかの中にいるときから、ずっとずっと大事にしてくれてありがとう・・

糸子さん・・「なに言ってるんや、この子は・・・」・・

喜代美・・・「わたし、おかあちゃんみたいになりたいんや・・・


★★★

ちりとてちん・最終週149話「毎日、続けるゆうのはそれだけで、すごいことやで」


ちりとてちん・最終週148話「あんたは、昔おかあちゃんのおなかの中におったんや」


ちりとてちん・最終週147話「若狭、ありがとう、女の子だったら・・落子や」

ちりとてちん第146話「親子2代にワタって世話になりっぱなしや」

★★先週のちりとてちん大草若の小さな家」★★★



ちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」

★★

NHK朝ドラ「ちりとてちん」続編制作へ

貫地谷しほり、めがね姿披露

【上方落語メモ第1集】その14 / 愛宕山 http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo14.htm


@niftyテレビ番組表 - 「ちりとてちん」特集
http://tv.nifty.com/special/drama/chiritotechin/index.htm

連続テレビ小説ちりとてちん
http://www3.nhk.or.jp/asadora/

Yahoo!テレビ - ドラマ特集 - ちりとてちん
http://tv.yahoo.co.jp/tv_show/nhk/chiritote/

ちりとてちん (朝ドラ) - Wikipedia

posted by ちりとてちん at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・最終週(3/24〜3/29)

ちりとてちん喜代美こと貫地谷しほりさん「君は犯人じゃないよね」

NHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん」で、ヒロイン女流落語家を演じた貫地谷しほり さんの次回作は、4/11(金)、夜11時15分スタートのテレビ朝日金曜ナイトドラマ君は犯人じゃないよね」・

君は犯人じゃないよね」は作家志望のフリーター娘(貫地谷しほり )とほれ症体質な新米刑事(要潤)ば難事件に挑むサスペンスコメディ。

天然ボケ刑事・要潤とするどくつっこむフリーター貫地谷しほり との掛け合いはまるで漫才の雰囲気だとか。落語のオチが犯人を解く鍵になるトリックもでてくるかも!!

テレビ朝日金曜ナイトドラマ君は犯人じゃないよね」第一回目は・・・推理作家をめざしながら様々なバイトに明け暮れる生活を送っていたさくら(貫地谷しほり

そんなさくらがお手伝い兼書生を務める人気作家が自宅の書斎で自殺を・・。警察は密室という状況から自殺と断定するが、部屋に残された書きかけの原稿から他殺を疑うさくらは、新米刑事の宇田川教生(うたがのりお=要潤)に協力して、密室のトリックに挑戦していく・・

ほかに、渡辺いっけい、小川奈那共演、毎回、豪華ゲストが登場するんだとか!!

喜代美こと貫地谷しほりの次回作は金曜ナイトドラマ

★★★

ちりとてちん」ゴールデンウイーク総集編は、前編は5月5日午前8時35分−10時13分。後編は同6日の同じ時間。

好評を博しているので…「ちりとてちん」GWに総集編

★★★

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん最終週「笑う角には福来る」3/24〜3/29

★★第150話 3/28(金)★★

喜代美は妊娠中の体でありながらも正太郎(米倉斉加年)の命日にひぐらし亭の舞台で「愛宕山」を披露します。

★★第151話 3/29(土)★★

臨月を迎えた喜代美の元に奈津子(原沙知絵)が現れます。
奈津子はこれまで書いた喜代美の軌跡を見せます。

★★★

2006年9月、草若の家を改装した落語の常打ち小屋が完成します。

さらに喜代美(貫地谷しほり)の妊娠が発覚し、 草々(青木崇高)さんや父・正典★松重豊さん、糸子(和久井映見)さんら家族達は喜びます。

そんな中、喜代美は常打ち小屋の初日の舞台に向けて自分が初めて聞いた落語「愛宕山」を稽古し始めます。
糸子さんは、喜代美が激しいつわりに耐えながら稽古をしていることを知り、草々さんに喜代美を休ませるように申し出ます。

喜代美は、初日に出演できないことになり、脇役だった学生時代のままだと嘆きます。


★★★

ちりとてちん・最終週149話「毎日、続けるゆうのはそれだけで、すごいことやで」


ちりとてちん・最終週148話「あんたは、昔おかあちゃんのおなかの中におったんや」


ちりとてちん・最終週147話「若狭、ありがとう、女の子だったら・・落子や」

ちりとてちん第146話「親子2代にワタって世話になりっぱなしや」

★★先週のちりとてちん大草若の小さな家」★★★



ちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」

★★

喜代美(貫地谷しほり)

草々(青木崇高)さん

小草若(茂山宗彦)

四草(加藤虎之助)

木曾山勇助(辻本裕樹)くん・・

正平(橋本淳)くん

父・正典★松重豊さん


咲さんも・・・

清海(佐藤めぐみ)ちゃん

草原(桂吉弥)

脚本家・藤本有紀

糸子(和久井映見)さん

小梅(江波杏子)さん

はてなの茶碗

★★★


『ちりとてちん』視聴率、関西地区で20%越え

NHK朝ドラ「ちりとてちん」続編制作へ

貫地谷しほり、めがね姿披露
posted by ちりとてちん at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・最終週(3/24〜3/29)

2008年03月27日

ちりとてちん・最終週149話「毎日、続けるゆうのはそれだけで、すごいことやで」

今週末に最終回を迎えるNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん」・・・。

ちりとてちん」・が好評を博しているためゴールデンウイークに前項編に分けて再編集し、総集編を放送することになったそうです。

前編は5月5日午前8時35分−10時13分。後編は同6日の同じ時間帯だそう。

たぶん・・・出かけてしまう??ので録画しなくちゃね。

好評を博しているので…「ちりとてちん」GWに総集編

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん最終週「笑う角には福来る」3/24〜3/29


★★第149話 3/27(木)★★

ひぐらし亭がオープンの日を迎えました。

喜代美(貫地谷しほり)は、なにか手伝いをしようとするが、体を心配されて何もできません

そこへ・・・「おめでとうございます・・」

喜代美・・???

「瀬をはやみ・・・」あーーーーソウタ君!!!

バイトの照明さんでやってきた草原(桂吉弥)の息子、ソウタ君でした。20歳になったそうです・・・落語家になるのかなーー

そして、 草々(青木崇高)さんは、喜代美に
師匠たちも気を使うから、おもてに出るなと言います。

喜代美は居酒屋・寝床で、お弁当の準備のお手伝い・・

「お箸は若狭塗り箸なんですねー。さすが、エーコ芸が細かいな。
きれーですね、お弁当、色とりどりやし・・。ワタシの学生時代のお弁当は茶色なんです、夕べの残りなんです・・」

熊五郎さんは・・

「子どもに持たせる弁当は毎日のこと、今日の弁当は、今日だけ、そりゃキレーで凝ったもんなんぼでもできる・・けど、毎日ということになったらそうはいかん、早く、確実に、しかも子どもの体のことを考えて作らねばならない・・

毎日、続けるゆうのはそれだけで、すごいことやで・・・・・・

★★★

糸子(和久井映見)さんが師匠たちと歓談しています・・

糸子さん・・「草若師匠が創作落語をやれといったときは本当にびっくりしました。・・」

喜代美が、お弁当を運んできました・・・が・・・お箸を忘れて・・・「早く食べたい!!」と騒ぐ尊徳師匠に糸子さんは・・・

「なくなって初めてわかるお箸のありがたさでしょう、ウチの主人は若狭塗り箸の職人やで、いつも言ってるんです、お箸は食卓の脇役やって。でもどんだけゴチソウがあってもお箸がないと食べられない・・お箸はなくてはならない名わき役なんやて・・」

★★★

「ソウタ君、これお祝いのお弁当やで・・」と喜代美・・

「ありがとう・・・若狭ちゃんも照明やってみる???お父さんが若狭ちゃんが残念がってるって言ってたで・・」

「ありがとう・・」

★★★・・

ひぐらし亭・・・磯七さんも姿を見せました。

照明室から高座を見つめる喜代美・・・

徒然亭5人衆(

「ようこそのお運びありがとうございます・・常打ち小屋ひぐらし亭が完成しました・・」草原さん

「今は未熟でその日暮しの噺家も、お客様に育てていただこうという意味合いもこめました」草々さん

「それから蝉の蜩・・蝉のひぐらしはその一生のほとんどを土の中ですごします。落語家の修業も・・そこぬけに・・おんなじです・・」
小草若(茂山宗彦)

「ひぐらしには一日中という意味もあります。ここでは一日中落語をやってます・・落語家もお客さんも頭の悪い連中です、そんな頭の悪い連中が一日中、笑っていれたらと思ってます」
四草(加藤虎之助)

「また、ひぐらし亭は若狭塗り箸をシンボルにしています。幾重にも模様や漆を塗り重ねる若狭塗り箸・・。これと同じように、私達噺家も稽古を積み重ね、高座を積み重ね、精進していく所存でございます。」木曾山勇助(辻本裕樹)くん

草原さんは続けて・・
「毎日笑い声を聞かせていただくことが、私達の力となります。上方落語の明日に繋がっていきます。毎日でも来ていただけますように、
毎日、笑っていただけますようにお願いします・・」

喜代美は・・・順ちゃんの言葉を思い出していました。

主役になるいうのはステージの真ん中にたってスポットライトを浴びることだけでない・・・人にライトをあてるゆうのは素敵なしごとやな・・

キレーな笑顔の、糸子(和久井映見)さんを見つめて、おなかをさすり・・なにかを思い続ける喜代美・・



★★第150話 3/28(金)★★

喜代美は妊娠中の体でありながらも正太郎(米倉斉加年)の命日にひぐらし亭の舞台で「愛宕山」を披露します。

★★第151話 3/29(土)★★

臨月を迎えた喜代美の元に奈津子(原沙知絵)が現れます。
奈津子はこれまで書いた喜代美の軌跡を見せます。

★★★

ちりとてちん・最終週148話「あんたは、昔おかあちゃんのおなかの中におったんや」

ちりとてちん・最終週147話「若狭、ありがとう、女の子だったら・・落子や」

ちりとてちん第146話「親子2代にワタって世話になりっぱなしや」

★★★

ちりとてちん25週「大草若の小さな家

ちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」

★★★


『ちりとてちん』視聴率、関西地区で20%越え

NHK朝ドラ「ちりとてちん」続編制作へ

貫地谷しほり、めがね姿披露
posted by ちりとてちん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・最終週(3/24〜3/29)

2008年03月25日

ちりとてちん・最終週147話「若狭、ありがとう、女の子だったら・・落子や」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん最終週「笑う角には福来る」3/25(火)


★★★

奈津子(原沙知絵)さんが喜代美(貫地谷しほり)から「ひぐらし亭」の名前の由来を取材しています・・

喜代美は、「徒然なるままに・・日暮すずりに向かい、日々よしなしことをそこはかとなく徒然なるままに・・・吉田兼好の徒然草・・もともと徒然亭の精神に通じているんだと思うんです、落語が好きで好きで、一日中落語をやってるような人たちが集まって毎日落語をやってる小屋ができあがる、自然と人が集まって笑える・・・そんな場所になっていけば・・と思うんです・・・」

★★★

「ひぐらしねー。悪くはないと思うけど、・・徒然亭の紋やから名前が徒然亭に偏ってる・・上の人がなにか言うかもなー」

「大丈夫や、ここでは一日中落語をやってる、ずっとやってる、未来に繋がっていく・・おれらが言えば、師匠かて文句はいえない・・」と尊健さん・・・

★★★

居酒屋・寝床で、常打ち小屋のオープンの打ち合わせです。

オープニング挨拶は徒然亭一門5人で・・。

喜代美も出れるそう・・

喜代美は・・「いいんだろうか、こんな初日の晴れがましい場所に私なんかが出ていいんだろうか・・」

四草(加藤虎之助)さんは

「わたしなんか・・なんて言うことないだろう」

草原(桂吉弥)さんも

「そや、13年間、一生懸命精進してきた」

小草若(茂山宗彦)さんは

「初日の徒然亭の代表や、任したで」

喜代美は・・・「はいっつ、よろしくお願いします・・」

そこへ、熊五郎さんが、ひぐらし亭オープンの日にくばるお弁当を持ってきました

キレーなお弁当です

喜代美が味見をしてみると・・・・「うっつ!!!」・・・吐き気が・・

翌日・・・

菊枝さんと病院に行って・・・

「おめでたやって、3ヶ月やって!!」と菊枝さん

草々(青木崇高)さんは・・

「ありがとう!!・・・師匠、女将さん、若狭が子どもを授かりました・・上方落語の申し子みたいな子です!!落語の落という字を取って、男の子だったら落太郎(らくたろう)、女の子だったら落子(おちこ)・・・」

ちょっとちょっと(笑)

★★★

喜代美の妊娠の報告を受けて、小浜では・・・

ひぃおばあちゃんになってしまう小梅(江波杏子)さんは

「ありがたいことですなー」

正平(橋本淳)くんは

「おとうちゃん、おかあちゃん、ついにおじいちゃん、おばあちゃんやなー」

★★★

喜代美の妄想・・おそろいに頭を結った女の子とともに・・

「へーおかあちゃん、初日に高座に出たん???」

「そーや、女性ではおかあちゃんただ一人やったんやでー、そんときあんたはおかあちゃんのおなかの中におったんやでー」

「へー、おかあちゃんはスーパーママや!!」

そこへ、

糸子(和久井映見)さんが・・・

「おめでとうさん・・毛糸のパンツかってきたで、今日はごはん作ってあげる・・」

喜代美は、ムリムリ布団に寝かされつつ・・・

草々さんの落語を聞きながら・・・・おかあちゃんの茶色いおかずを見ながら・・・

昔を思い出す喜代美でした・・・

★★★


ちりとてちん第146話「親子2代にワタって世話になりっぱなしや」

ちりとてちん第25週「大草若の小さな家」

★★★★

木曾山勇助(辻本裕樹)くん・・

父・正典★松重豊さん・・

清海(佐藤めぐみ)ちゃん

3/31に貫地谷しほりさん、めがね姿で登場!!

★★★

posted by ちりとてちん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・最終週(3/24〜3/29)

2008年03月23日

ちりとてちん・最終週「親子2代にワタって世話になりっぱなしや」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん最終週「笑う角には福来る」3/24〜3/29

★★★

2006年9月、草若の家を改装した落語の常打ち小屋が完成しようとしていました・・が・・

オープンまで2週間切ってるのに、小屋の名前でもめている徒然亭一門

そこへ・・・いまや、若狭塗り箸製作所の社長であり、常打ち小屋のスポンサーにもなっている清海(佐藤めぐみ)が遊びに来ます。

笑いもお箸も毎日欠かせないもの・・という清海ちゃん・・・

「ビーコ、またねたんでると違うの??」

「そんなこと思ってらん、自分のほうが人気あると思ってるのがあつかましい、私はキャリア13年の人気落語家やでー」と喜代美(貫地谷しほり)・・

「二人はキロクとセイハチみたいやな」と草々(青木崇高)さん

旅行に出かけるようになったエーコとビーコなんです。

★★★

小浜では・・・父・正典★松重豊さんと秀臣さんが・・

「ワシが塗り箸を続けられるのは、秀臣さんとこと提携させてもらったおかげや。それまでは、自分がええ塗り箸を作って人に喜んでもらうことばかり考えていた・・・でも、ワシはみんなに支えられて塗り箸を作ってるんや・・親子2代にワタって世話になりっぱなしや・・」

キヨミという名前は・・・舞妓さんの名前だったとか・・・

★★★

小浜を出て14年、ずっと草若師匠宅の2階に間借りしている喜代美・・

「ほんまに私は師匠の落語を伝えていく仕事でいいんだろうか・・なんか違う気がして・・・気のせいやと思うんやけどね・・」

★★★

「えーか、落語も塗り箸と同じや、塗り重ねたもんしかでてこないからな・・みんなが自然に集まって、みなが笑える場所になっていくといいなー」草々さん

夏も終り・・・蜩の声がします・・・

喜代美はふと・・・

「ひぐらし亭いうのはどうですか????」

★★

ちりとてちん第145話「できたやないか・・・」

ちりとてちん第144話「できるもんやったらやってみろ・・・」

ちりとてちん第143話「オレに独立を決意させたものは愛や」

ちりとてちん第142回「伝統若狭塗り箸を教えてください・

ちりとてちん第141回「なんで帰ってきたん・・・迎えに行こうと思ってたのに・・・・」

ちりとてちん第140回「状打ち小屋の話しはなしや・・・・」

ちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」

★★

喜代美(貫地谷しほり)

草々(青木崇高)さん

小草若(茂山宗彦)

四草(加藤虎之助)

木曾山勇助(辻本裕樹)くん・・

正平(橋本淳)くん

父・正典★松重豊さん


咲さんも・・・

清海(佐藤めぐみ)ちゃん

草原(桂吉弥)

鴻池の犬


3/31に貫地谷しほりさん、めがね姿で登場!!

脚本家・藤本有紀

糸子(和久井映見)さん

小梅(江波杏子)さん

はてなの茶碗

★★★

posted by ちりとてちん at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・最終週(3/24〜3/29)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。