2008年02月23日

ちりとてちん第121回「もっと面白がれって言ってる気がします

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第21週「嘘つきは辛抱の始まり」2/23(土)
 
喜代美(貫地谷しほり)・・電話を終えて・・

「間違い電話です・・」

再び、電話がなって、今度は草々(青木崇高)さんが・・・

電話は・・木曾山くんのおかあさんからでした・・・

四草さんは立ち上がり・・流しの下から・・禁止されている酒とタバコを持ってきます・・・木曾山くんが隠していたもの・・・

四草さんは・・「ボクもやってましたから・・自分の部屋にかくしてましたけど・・。こいつは、嘘つきなんですよ。人がだまされるのを見るのが楽しくて仕方がない・・という・・」

木曾山くんは・・・

「弟子入りするためには両親の許可が必要だが、両親が落語家になるのを反対しているので、亡くなったことにしてしまった・・落語家は口からでまかせの嘘で食べているではないですか・・」というのです。

草々さんは

「鉄砲勇助の嘘は楽しい嘘や・・。両親が亡くなったなんてゼッタイついてはならん嘘や・・信用ならんものは破門や」

清海(佐藤めぐみ)は「嘘をつくしかないときもある・・」とつぶやき。

草原さんは「落語の大きな流れにはいりたいっていうのも嘘やったのか??」と問います・・

そして、喜代美は・・・

「木曾山くんをこのままここへ置いてください・・」と言います。

「ワタシは、もう木曾山くんの女将さん。鉄砲勇助、ほら吹き勇助が落語家になるのも面白いと思います。師匠が生きとったら、きっと弟子にしろと言うと思います。
師匠は欠点だらけのワタシを面白がってくれました。
師匠が、もっと面白ろがれって言ってる気がするんです。
草々さんの師匠として、ワタシの女将さんとしての修行やないかって思うんです・・」

★★★

木曾山くんは、両親を説得するため、帰宅しました・・

草々サンは「あんなうそつきを立派な落語家にする自信ないでー」と言っているところへ、お礼の葉書が届きます・・

それは、木曾山くんが、自宅まで送っていったというケガをした女性からのものでした・・

★★★

夕方・・喜代美が出かけようとしたところへ、清海が来て・・

「これから、かえるところ・・かえって、知らん人とお見合いをして結婚をして、製作所を継ぐんや。・・・うそつき・・」

な、なんでしょう・・・!!

★★★

2月11日から2月17日までの視聴率ランキングでは、2月12日と13日のちりとてちん視聴率はが16.6パーセントで16位だったようです・  


2月12日・ちりとてちん第111回「箸みたいなこちょこちょしたもん作らんで自由に、好きなように生きたらええ」
2月13日ちりとてちん第112回「亡くなった父が、ワタシや喜代美の道を照らしてくれてる気がするんです・」

★★★

ちりとてちん第119回「親が子どもにしてあげられるのはひとつだけ・・」

ちりとてちん第118回

ちりとてちん第117回「大きな流れの中に入りたい」

ちりとてちん第116回「亡くなっても笑わせてくれますなー」


草々(青木崇高)

四草(加藤虎之助)さん
小草若(茂山宗彦)さん
草々(青木崇高)さん
草原(桂吉弥)さん

連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/  


 

喜代美(貫地谷しほり)は勇助の母親から電話をもらいます。

両親をなくしていると勇助から聞いていた草々(青木崇高)は激怒!!!。

ちりとてちん第120回

ちりとてちん第119回

ちりとてちん第118回

ちりとてちん第117回

ちりとてちん第116回


草々(青木崇高)

四草(加藤虎之助)さん
小草若(茂山宗彦)さん
草々(青木崇高)さん
草原(桂吉弥)さん

先週のちりとてちん地獄の沙汰もネタ次第

連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/  




posted by ちりとてちん at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第21週(2/18〜2/23)

2008年02月22日

ちりとてちん第120話「時間が解決してくれるもんやな」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第21週「嘘つきは辛抱の始まり」2/22(金)

★★★

2月11日から2月17日までの視聴率ランキングでは、2月12日と13日のちりとてちん視聴率はが16.6パーセントで16位だったようです・  


2月12日・ちりとてちん第111回「箸みたいなこちょこちょしたもん作らんで自由に、好きなように生きたらええ」
2月13日ちりとてちん第112回「亡くなった父が、ワタシや喜代美の道を照らしてくれてる気がするんです・」

★★★

喜代美(貫地谷しほり)が高座へ出かけるのを見送る清海(佐藤めぐみ)・・

★★

小浜では、弟の正平くんと喜代美の父・正典★松重豊さん

正典さんは、正平くんの作ったお箸を眺めて・・

「つくづくお前は筋がええ、おとうちゃんなんか3年かかっても、こんなキレーに貼れんかった」

そこへ糸子(和久井映見)さん・・

おとうちゃんが絶賛するお箸を見て

「これがすごいの???」

正典さん・・「張り合いのない奴だなーー」

正平くん・・「休憩してくるわ」

糸子さん・・「正平は小さいときから手先の器用な子やったから・・」

正典さん・・・「オレは跡継ぎで苦労しなくてすみそうやのー」

糸子さん・・「そうやったらええね」

正平君は・・・

★★★

喜代美・・と草原(桂吉弥)さん・・

「木曾山はどうや??」

「ようわかりません・・」喜代美・・

★★★

木曾山くん「師匠、お客さんです・・・」

草々(青木崇高)・・「A子ちゃん、ひさしぶりぃ・・」。

A子ちゃん・・「B子がいるかと思ったけど、留守みたいですねー。」

「草々さんが草々さんのめざしている落語をずっとやっていけるように・・」「行かんといてほしい・・」・・昔の二人のやりとりを思い出す草々さんとA子ちゃん

草々さん「A子ちゃんにふられたて落ち込んだけど・・・時間が解決してくれるもんやな・・」

清海「ひとつ聞いてもええですか??草々さん、いつワタシのことを好きになってくれたんですか??」

草々さんは・・「恐竜の化石の話聞いたときや・・」

(あの恐竜の化石を見つけたのは、B子なんです・・)ずーーっとひとりで抱えて苦しんできたんやなーと思ったらいじらしくなったんや」

★★★

小浜・・・

観光協会事務局長と小梅さん

「いいおはしを作るようになりましたなー、確実に先代に近づいている・・」と事務局長(渡辺正行)

「今にして思えば、製作所との合併はなくてよかったな」

「いまや製作所は火の車や・・弱り目にたたりめ、泣きっ面にはち・・」

★★★

「木曾山・・・」四草(加藤虎之助)さんと
小草若(茂山宗彦)さん

★★★

草々さんの稽古と清海ちゃん・・

「ただいま帰りました・・」と喜代美

「カゲキのお囃子をやってくれ」と草々さん・・・

三味線をひく喜代美・・・・

★★★

夕飯の席、みんな揃ってますー。

咲さんがきて・・・「あら、A子ちゃん・・・」

電話が来て・・・????木曾山くんの顔を見つめる喜代美・・・

★★★

学園のアイドル、みんなの憧れのA子に会ったのはこの日が最後になりました・・2007/12/15

★★

ちりとてちん第119回「親が子どもにしてあげられるのはひとつだけ・・」

ちりとてちん第118回

ちりとてちん第117回「大きな流れの中に入りたい」

ちりとてちん第116回「亡くなっても笑わせてくれますなー」


草々(青木崇高)

草々(青木崇高)さん


先週のちりとてちん地獄の沙汰もネタ次第

連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/  


posted by ちりとてちん at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第21週(2/18〜2/23)

2008年02月21日

ちりとてちん第119回「親が子どもにしてあげられるのはひとつだけ・・」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第21週「嘘つきは辛抱の始まり」2/21(木)

「A子」・・「B子」

喜代美(貫地谷しほり)は、清海(佐藤めぐみ)と再会。

「ご愁傷様でした・・B子、結婚おめでとう・・」と清海(佐藤めぐみ)・・

喜代美は・・

 「落語に打ち込んでいる草々さんが好きだから、ワタシもやりたいことから逃げんと一生懸命やりたい・・・」
学園のアイドル、みんなの憧れのA子に会ったのはこの日が最後になりました・・2007/12/15


と言っていた清海を思い出し・・

「A子、ごめん・・」

清海は・・「何言ってるの・・昔のことやで。私かて色々出会いはあったんよ。」

喜代美「結婚したん??」・・

清海「ううん、仕事が面白くて・・しばらく東京にいて、マスコミの仕事をしてたんよ、半年、ニュースキャスターの仕事をしているうちに、裏方の仕事にも興味を持つようになって、企画をだしたり、取材に行ったり・・・そやけど何年か前からおかあさんの具合がわるくなって・・・おにいちゃんと順ちゃんの結婚もあったし、1年前から小浜に帰ってる・・製作所で、お箸のデザインをしたり、地元のケーブルテレビでマスコミ展開したり・・」

喜代美は・・「東京で勉強したこと、ちゃんと生かされてるねー。A子はやっぱりさすがや。おかあさんの看病して、家業の手伝いしながら自分の夢も忘れんと、しっかり前向きに生きとる・・・」

清海は・・「そんなことない・・B子は19歳のときに見つけた夢を見失わんとしっかり、生きとるやな・・」

なんか、不思議な気がするわ、A子とこんな風に話せるなんて。

A子のことずっと苦手やった・・わたしはA子の裏側のB子や・・
A子のことうらやんで、嫉妬してた・・同じ名前なのになんでこんなに違うんやろ・・若い頃を思い出す喜代美・・・

「今回はなんで大阪にきたん??」喜代美

「仕事できたんよ、草々さんは元気にしとる??」清海

「相変わらず、高座一筋や・・・」喜代美

★★

天狗座芸能鞍馬会長が、小草若(茂山宗彦)さんに・・・

「死ぬ半年前に落語の状打ち小屋を作りたいと言ってきた・・・親父の遺志を継ぐ気はあるのか??言っておくが金だけの話しやない、いずれは草若師匠の名前を継ぐ覚悟はできてるのか・・」

小草若さん・・・「・・・」

★★★

草々(青木崇高)「えつ、A子ちゃん??」

喜代美「しばらく大阪に仕事でいるからまた来るって言ってましたよ、草々兄さんのこと懐かしそうに話してましたよ・・A子に会ったら別の感情がこみ上げてくるかと思ったけど・・時間がたつっていうのはすごいですね」

★★★

「木曾山くん、買い物に何時間かかってるの??}

木曾山くんは・・・「実は商店街を歩いていたら、前のおばさんがこけたんです・・あわてて助け起こしたら、ヒザ小僧から血がでてて・・ほっとかれんようになって、薬局で絆創膏を買って、その人を家まで送っていったんですけど・・それでこんな時間になってしまいました・・」

「人に親切にするのはいいけど、なにもそんな遠いとこまで送っていかなくても・・・」喜代美・・

木曾山くんは「亡くなった母に似てたんです・・・ごめんなさい」

草々さん・・亡きながら・・「そうか、仕方ないなーーー」

★★★

翌日・・掃除の道具が出しっぱなしで・・・朝食の後片付けもしないで

木曾山くんは・・・

「あーー女将さんすみません・・・」

捨て猫の親を探してたとか・・・

なんとなく腑に落ちないまま順ちゃんに電話・・・

「さぼってたと思ってるの??親が子どもにしてあげられるのはひとつだけ・・愛してあげることだけや」(さすが・・順ちゃん・・)

★★★

草々さん、落語の稽古・・

「お前のはなしには嘘やおもいつつのせられてしまう・・世間ではおまえのことをセンミツヤと言ってる・・・・」

そばで、木曾山くん・・

高座に出かけた喜代美・・そこへ・・A子ちゃんが・・・


★★

学園のアイドル、みんなの憧れのA子に会ったのはこの日が最後になりました・・2007/12/15

ちりとてちん第118回

ちりとてちん第117回「大きな流れの中に入りたい」

ちりとてちん第116回「亡くなっても笑わせてくれますなー」

草々(青木崇高)

四草(加藤虎之助)さん
小草若(茂山宗彦)さん
草々(青木崇高)さん
草原(桂吉弥)さん

先週のちりとてちん地獄の沙汰もネタ次第

連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/  


posted by ちりとてちん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第21週(2/18〜2/23)

2008年02月20日

ちりとてちん第118回

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第21週「嘘つきは辛抱の始まり」118回 2/18(水)
ちりとてちん 貫地谷しほり  

正式に勇助(辻本祐樹)の弟子入りがきまりました。

喜代美(貫地谷しほり)は家事を教えようとしますが、何でも器用にこなす勇助に拍子抜け!!

★★
辻本 祐樹(つじもと ゆうき、1985年1月12日 - )は大阪府出身の日本の俳優。グランパパプロダクション所属。血液型はAB型
身長:172cm
体重:53kg
靴のサイズ:25cm
3サイズ:B83・W65・H88
特技:バスケットボール、大阪弁、野球、バック転
趣味:カラオケ、映画鑑賞
好きな食べ物:たこ焼き

3年B組金八先生第6シリーズ(2001年〜2002年) - 信太宏文役
WATER BOYS(2003年) - 辻役
ドゥニチラブ、週末シャンプー 第7話(2003年) - 小西役
特捜戦隊デカレンジャー 第37話(2004年) - マイク星人クロード役
子連れ狼 第3シリーズ第3話(2004年) - 村瀬慎吾役
3年B組金八先生第7シリーズ(2004年) - 信太宏文役
七子と七生(2005年)
天使の梯子(2006年)
警視庁捜査一課9係 第8話(2006年) - 磯部勇役
白虎隊(2007年) - 永瀬雄次役
相棒SeasonX第18話(2007年) - 田之上啓役
八州廻り桑山十兵衛〜捕物控ぶらり旅 第5話(2007年)
キューティーハニー THE LIVE 第2話(2007年) - 川原篤役
ちりとてちん (朝ドラ)(2008年) - 徒然亭草々の弟子役
辻本祐樹 - Wikipedia

★★★

ちりとてちん第117回「」

ちりとてちん第116回「」

★★
四草(加藤虎之助)さん
小草若(茂山宗彦)さん
草々(青木崇高)さん
草原(桂吉弥)さん

先週のちりとてちん地獄の沙汰もネタ次第
posted by ちりとてちん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第21週(2/18〜2/23)

2008年02月18日

ちりとてちん第117回「大きな流れの中に入りたい」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第21週「嘘つきは辛抱の始まり」117回 2/17(火)

「弟子をとれ!!」小草若(茂山宗彦)さんが草々(青木崇高)さんに言います


「師匠のあとをつぐってどうやってついでいくって言うんだ、口先ばっかりで・・」小草若さん

「なんやとー」草々さん

喜代美(貫地谷しほり)は「ケンカはやめてください、師匠が心配するで」

小草若さんは・・「お前と若狭でここをついでくれないか。師匠の落語を受け継ぎ、伝えるんやったらそうしてくれ。」

草々さんは・・「ここはお前の家や、お前が帰ってくるまで、ここを守っていく。ただし、必ずかえってこい、草若の名前をつぐのはお前だ・・」

小草若さんは・・「家賃は払ってな^^」

★★★

その頃、小浜では、清海が病室で・・

清海の母は「ごめんねーおかあさんのために小浜に戻らせてしまって・・」

★★★

草若師匠のいない夕食の席・・・(草々さんのお茶碗はでかい!!)

弟子入り志願の件で、喜代美は・・

「話しだけでも聞いてみたらどうですか??草々兄さんの落語にあこがれている人ってことは確か。草若師匠の落語を受け継いでくれる人かもしれんし・・」

★★★

弟子入り志願の若者の話を聞く日・・・

四草(加藤虎之助)さんが「三段の平米」の稽古をしています。


草原(桂吉弥)さんもやってきて・・

草若師匠の思い出話し・・・

四草さんに「落語ゆうもんは人から人へ伝わってきたもんや、これからもそうや。お前もその流れの中にある・・」と諭した半年後、ようやく草若師匠は四草さんに「算段の平米」を教えてくれたのです。

「ホンマに弟子一人ひとりをよく見てくれた師匠だった・・。師匠になる、師匠であるっていうのは大変なことやなー」と草原さん・・

四草さんは・・「恐竜頭の草々兄さんにつとまるとは思えませんなー」

・・・

居間では・・小草若さんと草々さんが上座に座る、座らないでもめてます・・

四草さんが上座にすわると・・・草々さんが四草さんを押しのけて・・・上座に座りました・・^^

そこへ・・・弟子入り志願者がやってきました・・・

「始めまして、きそやま勇助と申します・・・今日は師匠の大事な時間をいただきましてありがとうございます・・」

年齢は22歳、大学卒業すみ・・

「草々師匠に入門して落語家になると決めていました。

大学の落研で、草若師匠が大好きななり、草々師匠に出会いました・・

草原師匠の、たこ芝居ほか、芝居落語は絶品です

四草師匠の抑えた演出・・特に三段の平米は最高です

小草若師匠は出てきただけで、底抜けに明るくなります・・

若狭師匠の創作落語は素晴らしかったです・・・

落語をただの趣味ではなく、その大きな流れの中に自分も入りたいと思うようになったんです・・・」

よどみなくとうとうと話す、弟子志願・勇助にすっかり心をわしづかみにされた、徒然亭一門なのでした・・・

実は・・とんでもないトラブルメーカーであったとはこのときは知る由もありませんでした・・・


★★

弟子志願の勇助役の辻本 祐樹(つじもと ゆうき、1985年1月12日 - )

大阪府出身の日本の俳優。グランパパプロダクション所属。
血液型はAB型
身長:172cm
体重:53kg
靴のサイズ:25cm
3サイズ:B83・W65・H88
特技:バスケットボール、大阪弁、野球、バック転
趣味:カラオケ、映画鑑賞
好きな食べ物:たこ焼き

3年B組金八先生第6シリーズ(2001年〜2002年) - 信太宏文役
WATER BOYS(2003年) - 辻役
ドゥニチラブ、週末シャンプー 第7話(2003年) - 小西役
特捜戦隊デカレンジャー 第37話(2004年) - マイク星人クロード役
子連れ狼 第3シリーズ第3話(2004年) - 村瀬慎吾役
3年B組金八先生第7シリーズ(2004年) - 信太宏文役
七子と七生(2005年)
天使の梯子(2006年)
警視庁捜査一課9係 第8話(2006年) - 磯部勇役
白虎隊(2007年) - 永瀬雄次役
相棒SeasonX第18話(2007年) - 田之上啓役
八州廻り桑山十兵衛〜捕物控ぶらり旅 第5話(2007年)
キューティーハニー THE LIVE 第2話(2007年) - 川原篤役
ちりとてちん (朝ドラ)(2008年) - 徒然亭草々の弟子役
辻本祐樹 - Wikipedia

★★★

ちりとてちん第116回「弟子をとれ!!」

★★
四草(加藤虎之助)さん
小草若(茂山宗彦)さん
草々(青木崇高)さん
草原(桂吉弥)さん

先週のちりとてちん地獄の沙汰もネタ次第
posted by ちりとてちん at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第21週(2/18〜2/23)

ちりとてちん第116回「亡くなっても笑わせてくれますなー」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第21週「嘘つきは辛抱の始まり」116回 2/18(月)


喜代美(貫地谷しほり)たち5人の弟子が落語会をやり遂げると同時に草若師匠(渡瀬恒彦)は息を引き取ります

温かい春の日に草若師匠の葬儀が行われます。

かつて草若とともに四天王と呼ばれた柳宝、尊徳らが顔をそろえる中、最後の一人、漢五郎(芦屋小雁)も病身を押して駆けつけ皆の涙を誘います・・・

そのとき・・・小次郎さんがやってきて・・・

「草若師匠に頼まれて買った宝くじの当選発表がのっている新聞を捜してきたんや!!師匠は、福助の下に宝くじを置いておくと言ってたんやーー」

喜代美はあきれつつ、小次郎さんにお付き合い・・・

「31組・・4・・」喜代美が読み上げると・・・

小次郎さん「あってる!!」

「1・・」・・「あってる!!」

「5・・」・・「あってる!!」

「1億円あたったらどうする??」

「もちろん師匠の棺おけにいれてうあるんや」という小次郎さんの意見に、みな騒然・・・

「9・・2・・」・・・「8」!!「6」!!

なんと当選番号は「31組415926」で・・一桁違い・・

小梅さん・・「えらいもんですねーー。なくなっても人を笑わせてくださる・・・

門の外には、天狗座芸能会長がたたずんでおりました・・・

★★★

小次郎さんと、草々さん、喜代美・・

草々さんは「俺達は、ここを出てく・・」

小次郎さんは「それがええな。。。。と思ったけどやめとくわ・・
ここで一人で住むにはさびしすぎる・・・」

草々さん「お前さえ良かったら、離れに住もうか??」

小次郎さん「ばかいうな・・」

電話にでていた喜代美がもどってきて・・「また、弟子入り願いの電話です・・」

小次郎さんは・・・「草々!!弟子をとれ・・」

★★
四草(加藤虎之助)さん
小草若(茂山宗彦)さん
草々(青木崇高)さん
草原(桂吉弥)さん

先週のちりとてちん地獄の沙汰もネタ次第

★★

ちりとてちんHPには草々さんのインタビュー記事がありました。

印象的なシーンは?
12週で師匠にひっぱたかれたシーンがすごく自分の中に残っています
・・・

---草々もいよいよ師匠に!意気込みは?
師匠を亡くしたばっかりで今度は自分が師匠になるって、まだ実感がわきません。でも、最初から師匠やったという人はいませんよね。だから、師匠、師匠と呼ばれるうちに、そういう人格とか、風格ができるものなんやろうなって。そこは、撮影の間、楽しめたらええなと思いますね。・・・

http://www3.nhk.or.jp/asadora/topics/25_int/index.html
posted by ちりとてちん at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第21週(2/18〜2/23)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。