2008年03月25日

ちりとてちん・最終週147話「若狭、ありがとう、女の子だったら・・落子や」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん最終週「笑う角には福来る」3/25(火)


★★★

奈津子(原沙知絵)さんが喜代美(貫地谷しほり)から「ひぐらし亭」の名前の由来を取材しています・・

喜代美は、「徒然なるままに・・日暮すずりに向かい、日々よしなしことをそこはかとなく徒然なるままに・・・吉田兼好の徒然草・・もともと徒然亭の精神に通じているんだと思うんです、落語が好きで好きで、一日中落語をやってるような人たちが集まって毎日落語をやってる小屋ができあがる、自然と人が集まって笑える・・・そんな場所になっていけば・・と思うんです・・・」

★★★

「ひぐらしねー。悪くはないと思うけど、・・徒然亭の紋やから名前が徒然亭に偏ってる・・上の人がなにか言うかもなー」

「大丈夫や、ここでは一日中落語をやってる、ずっとやってる、未来に繋がっていく・・おれらが言えば、師匠かて文句はいえない・・」と尊健さん・・・

★★★

居酒屋・寝床で、常打ち小屋のオープンの打ち合わせです。

オープニング挨拶は徒然亭一門5人で・・。

喜代美も出れるそう・・

喜代美は・・「いいんだろうか、こんな初日の晴れがましい場所に私なんかが出ていいんだろうか・・」

四草(加藤虎之助)さんは

「わたしなんか・・なんて言うことないだろう」

草原(桂吉弥)さんも

「そや、13年間、一生懸命精進してきた」

小草若(茂山宗彦)さんは

「初日の徒然亭の代表や、任したで」

喜代美は・・・「はいっつ、よろしくお願いします・・」

そこへ、熊五郎さんが、ひぐらし亭オープンの日にくばるお弁当を持ってきました

キレーなお弁当です

喜代美が味見をしてみると・・・・「うっつ!!!」・・・吐き気が・・

翌日・・・

菊枝さんと病院に行って・・・

「おめでたやって、3ヶ月やって!!」と菊枝さん

草々(青木崇高)さんは・・

「ありがとう!!・・・師匠、女将さん、若狭が子どもを授かりました・・上方落語の申し子みたいな子です!!落語の落という字を取って、男の子だったら落太郎(らくたろう)、女の子だったら落子(おちこ)・・・」

ちょっとちょっと(笑)

★★★

喜代美の妊娠の報告を受けて、小浜では・・・

ひぃおばあちゃんになってしまう小梅(江波杏子)さんは

「ありがたいことですなー」

正平(橋本淳)くんは

「おとうちゃん、おかあちゃん、ついにおじいちゃん、おばあちゃんやなー」

★★★

喜代美の妄想・・おそろいに頭を結った女の子とともに・・

「へーおかあちゃん、初日に高座に出たん???」

「そーや、女性ではおかあちゃんただ一人やったんやでー、そんときあんたはおかあちゃんのおなかの中におったんやでー」

「へー、おかあちゃんはスーパーママや!!」

そこへ、

糸子(和久井映見)さんが・・・

「おめでとうさん・・毛糸のパンツかってきたで、今日はごはん作ってあげる・・」

喜代美は、ムリムリ布団に寝かされつつ・・・

草々さんの落語を聞きながら・・・・おかあちゃんの茶色いおかずを見ながら・・・

昔を思い出す喜代美でした・・・

★★★


ちりとてちん第146話「親子2代にワタって世話になりっぱなしや」

ちりとてちん第25週「大草若の小さな家」

★★★★

木曾山勇助(辻本裕樹)くん・・

父・正典★松重豊さん・・

清海(佐藤めぐみ)ちゃん

3/31に貫地谷しほりさん、めがね姿で登場!!

★★★



posted by ちりとてちん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・最終週(3/24〜3/29)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。