2008年03月23日

ちりとてちん・最終週「親子2代にワタって世話になりっぱなしや」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん最終週「笑う角には福来る」3/24〜3/29

★★★

2006年9月、草若の家を改装した落語の常打ち小屋が完成しようとしていました・・が・・

オープンまで2週間切ってるのに、小屋の名前でもめている徒然亭一門

そこへ・・・いまや、若狭塗り箸製作所の社長であり、常打ち小屋のスポンサーにもなっている清海(佐藤めぐみ)が遊びに来ます。

笑いもお箸も毎日欠かせないもの・・という清海ちゃん・・・

「ビーコ、またねたんでると違うの??」

「そんなこと思ってらん、自分のほうが人気あると思ってるのがあつかましい、私はキャリア13年の人気落語家やでー」と喜代美(貫地谷しほり)・・

「二人はキロクとセイハチみたいやな」と草々(青木崇高)さん

旅行に出かけるようになったエーコとビーコなんです。

★★★

小浜では・・・父・正典★松重豊さんと秀臣さんが・・

「ワシが塗り箸を続けられるのは、秀臣さんとこと提携させてもらったおかげや。それまでは、自分がええ塗り箸を作って人に喜んでもらうことばかり考えていた・・・でも、ワシはみんなに支えられて塗り箸を作ってるんや・・親子2代にワタって世話になりっぱなしや・・」

キヨミという名前は・・・舞妓さんの名前だったとか・・・

★★★

小浜を出て14年、ずっと草若師匠宅の2階に間借りしている喜代美・・

「ほんまに私は師匠の落語を伝えていく仕事でいいんだろうか・・なんか違う気がして・・・気のせいやと思うんやけどね・・」

★★★

「えーか、落語も塗り箸と同じや、塗り重ねたもんしかでてこないからな・・みんなが自然に集まって、みなが笑える場所になっていくといいなー」草々さん

夏も終り・・・蜩の声がします・・・

喜代美はふと・・・

「ひぐらし亭いうのはどうですか????」

★★

ちりとてちん第145話「できたやないか・・・」

ちりとてちん第144話「できるもんやったらやってみろ・・・」

ちりとてちん第143話「オレに独立を決意させたものは愛や」

ちりとてちん第142回「伝統若狭塗り箸を教えてください・

ちりとてちん第141回「なんで帰ってきたん・・・迎えに行こうと思ってたのに・・・・」

ちりとてちん第140回「状打ち小屋の話しはなしや・・・・」

ちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」

★★

喜代美(貫地谷しほり)

草々(青木崇高)さん

小草若(茂山宗彦)

四草(加藤虎之助)

木曾山勇助(辻本裕樹)くん・・

正平(橋本淳)くん

父・正典★松重豊さん


咲さんも・・・

清海(佐藤めぐみ)ちゃん

草原(桂吉弥)

鴻池の犬


3/31に貫地谷しほりさん、めがね姿で登場!!

脚本家・藤本有紀

糸子(和久井映見)さん

小梅(江波杏子)さん

はてなの茶碗

★★★



posted by ちりとてちん at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・最終週(3/24〜3/29)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。