2008年03月17日

ちりとてちん第140回「状打ち小屋の話しはなしや・・・・」

★先週土曜日の小草若(茂山宗彦)さんが高座にあがり、落語を始めるシーン・・かっこよかったですねー、感動しました。
ちりとてちん第139回「そこぬけにぃ・・・お待たせいたしました!!!」

★★★

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第25週「大草若の小さな家」3/17(月) 第140回  

★★★

失踪していた小草若(茂山宗彦)さんは喜代美(貫地谷しほり)のふるさと・小浜で、高座に復帰しました。

ちりとてちん第139回「そこぬけにぃ・・・お待たせいたしました!!!」

喜代美は「底抜けに、お疲れ様でしたぁ・・・」

糸子(和久井映見)さん

「底抜けに、面白かったです・・」と言い

小梅(江波杏子)さんは

「底抜けに、しびれました」・・

正平(橋本淳)くん

「底抜けに、喜んでました・・」

父・正典★松重豊さん

「底抜けにぃ・・・・・言うてみたいんや・・」

小草若さん・・・「あの会場、行ったことあったんや、小さい頃はいつも父と母の地方公演には連れて行かれてました。あの会場を楽屋として使ってたんです。遠くからオヤジの声が聞こえて・・・オレはそないして育ってきたんやなと急に思い出して・・・・」

喜代美は・・「落語は、小草若にいさんのふるさとやったんですね。」

いい雰囲気なのに・・・

小次郎さん「それはようございましたね、万事うまくいったようで・・・ほんまに五木ひろしはきておったのに・・・」すねてます・・・

糸子さん・・・「あーあ、ふるさと聞きたかったわーー」・・・

そ、そこへ・・・五木ひろしさん、ギターを抱えて登場!!!!!

糸子さんは涙ぐみ・・・みんなで合唱し・・・五木ひろしさんは・・・

「控え室のモニターで落語を拝見し・・・盛り上がっていたのでここでやぼかなーと思い会場をそっと後にしたわけです・・・そのあと観光協会の事務局長さんにお会いして、こちらで一曲歌って、小次郎さんをたててやって・・と頼まれました・・・糸子さん、ふるさとを愛してくださいましてありがとうございます、今日はおかあちゃんのために歌わせてもらいました・・・」

糸子さん・・・・「ほんまに嬉しいわ・・・もう一曲歌ってください・・・」

★★★

清海(佐藤めぐみ)ちゃん・・

「昨日はありがとう・・・」

喜代美は・・ペンダントを渡し・・・

「あのとき、ワタシがもったとたん輝かなくなって、悔しくなって海に捨てたの、これはエーコがもってて、キラキラ輝いているエーコはワタシの憧れやで・・・」

★★★

喜代美は小草若さんとともに大阪に帰りました。

小草若さんの姿を見て・・・草々(青木崇高)さんは、小草若さんに抱きつき・・・

喜代美は・・・「小草若兄さんはすごいです、生まれながらの芸人さんやなと思いました・・・」

草々さん・・・「草若の名前を継ぐのはお前しかおらへん」

小草若さん・・・「オレは、オヤジみたいにはなられへん、でも新しい草若になりたいと思ってる・・・小さい草若ではなく、新しい草若に・・・

四草(加藤虎之助)さん

「ほんまにアホですね、小草若兄さんは・・・底抜けにアホです・・・」

★★★

「お騒がせして申し訳ありませんでした」・・・小草若さんほか全員で、鞍馬会長に頭を下げます・・・

鞍馬会長は・・・

「ややこしいなー、お前ら一門は・・・振り出しに戻るだけでどんだけ時間がかかるんや、ワシはもう知らん、状打ち小屋の話しはなしや・・・・」

★★

先週のちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」
★★



木曾山勇助(辻本裕樹)くん・・

居酒屋・寝床

草原(桂吉弥)

鴻池の犬

3/31に貫地谷しほりさん、めがね姿で登場!!

はてなの茶碗

★★★



posted by ちりとてちん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第25週(3/17〜3/22)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。