2008年03月10日

ちりとてちん第134回「最初からおとうちゃんに相談したらよかったんや」

★★

今日の「スタジオパークからこんにちは」には素敵な小梅さん・江波杏子さんが登場。(おばあちゃん役だなんてゼッタイ言いたくないような素敵なおばあちゃん??です)スタジオパークからこんにちはに江波杏子さん登場


貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」3/10(月)第134回  

★★★★

10月2日の散髪屋さんの落語会・・

木曾山勇助(辻本裕樹)の初高座のトリを務める予定だった、小草若(茂山宗彦)さんは、風邪を理由に休んでしまうのです。

たまたま居合わせた草々(青木崇高)さんが「愛宕山」を演じて、落語会は無事に終わりました。

磯七さんは、小草若さんの「はてなの茶碗」を聞くのを楽しみにしていると言っていたそうです。

鞍馬会長は、小草若さんが出られないとわかって帰ったそうです。

四草(加藤虎之助)さんはズル休みと見抜きます!!

「登校拒否の子どもみたいなもんや。やめてしまったらどうです、落語。しんどいんでしょう、草若の名前につぶされそうになってるんでしょう・・楽になったらええやないですか・・・」

「誰が、やめるか・・負け犬のままで終わってたまるか・・」小草若さん

★★★

小浜・・・喜代美の弟の正平(橋本淳)くんは父・正典★松重豊さんに

「ほんまはボク怖かったのかもしれんな。留学みたいな途方もないことを考えるのが・・だから家の事情のせいにして逃げていたのかもしれん・・就職するわ、お金ためて留学して博士号とって、いつか恐竜博物館の学芸員になる・・・」

正典さんが・・ぼそりと・・

「博物館には・・・・教員枠いうのがあるらしい・・・学校の先生が希望してわくがあったら恐竜博物館で働けるらしい・・・教員免許持ってるんだろう・・・そういう手もあるぞ・・・そんなことくらい調べたらわかる・・知らんかったんか・・・たわいないのう・・・そやさけ、最初からおとうちゃんに相談したらよかったんや」

正平君の頭をごしごしするお父さんの正典さんです・・

★★

清海(佐藤めぐみ)ちゃんも・・・

パソコンに向かって、箸のデザインをしています・・・

お茶を持ってきてくれる、おかあさん(生稲晃子)

「もっとたくさんの人に小浜のお箸を知ってもらえるように私にもできることないかなと思う、おとうさんやエーコのおとうさんの話を聞いていたらそう思ったのよ・・・」

★★★

居酒屋・寝床に小草若さんがやってきました。

菊江さんに仏壇のお金を渡す小草若さん・・・

菊江さんは、1万円だけもらって・・

「ムリせんかてええ。落語でしっかり稼げるようになったらまとめて原ってくれたらええ」

小草若さんは、草々さん、喜代美、勇助くんのもとへ・・ちょうどお昼時・・・

喜代美はにぎやかに「はいってください、もう一人分、すぐ作ります・・・」

小草若さん・・「やっぱええ、用事をおもいだした・・・」

草々さん・・・「12月14日に一門会するで、草若師匠が再び、高座に立った日や!」

喜代美・・「今度こそ、はてなの茶碗を聞かせてください・・」
(チャキンさん、あんたは偉い人やなー。傷物の安茶碗、ワシの手におったら一文の値打ちもない茶碗、それがあんたの手にはいったら、はくがついた・・人徳だっせ、チャキンさん!!)

小草若さん・・「まかせておき・・・」

ところが・・・

小草若さんは・・・12月14日の一門会をすっぽかし・・・

四草さんは・・「噺家としてなんの才能もあらへん小草若さんなんかほっておけばいい・・」と悔しそうに言います・・・

小草若さんは・・・姿を消してしまいました・・・

草若師匠の3回忌・・・小草若さんは帰ってきませんでした・・・・

そこへ・・鞍馬会長の姿が・・・・

★★

今週のちりとてちん第24週「蛇の道はヘビー」

★★★

脚本家・藤本有紀

★★★

先週のちりとてちん第23週「終りよければ滑ってよし」


喜代美(貫地谷しほり)

草々(青木崇高)さん


磯七さん


糸子(和久井映見)さん

草原(桂吉弥)さん・・・


★★★



posted by ちりとてちん at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりよてちん・第24週(3/10〜3/15)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。