2008年03月03日

『ちりとてちん』視聴率、関西地区で20%越え

先週、2月28日(金)のちりとてちん第126回放送が、関西地区で、視聴率が20.1%を記録、ちりとてちんが、20パーセントを超えたのは初だそうです。

また、連続テレビ小説の本放送が関西地区で20%を越えたのは、連続テレビ小説『わかば』で20.3%を記録(平成17年3月23日)して以来のことなのだそうです。

NHK大阪放送局のチーフプロデューサー・遠藤理史氏は「たくさんの皆さまにご覧いただけて、大変ありがたく思っています」とコメントしているそうです。

先週126回のちりとてちんは、秀臣さんが、製作所を畳むと決めて、和田家の工房に入り込み・・・秀臣さんの心のうちを語る・・・というお話しの日でした・・・

貫地谷しほりNHK連続テレビ小説ちりとてちん』 (02/29)ちりとてちん第126話「箸は家族の象徴でした」


『ちりとてちん』視聴率、関西地区で20%越え3月3日14時26分配信 オリコン

NHK朝ドラ「ちりとてちん」続編制作へ

“朝の顔”が貫地谷しほりから榮倉奈々へバトンタッチ!

貫地谷しほり涙…涙「ちりとてちん」クランクアップ



posted by ちりとてちん at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちんニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。