2008年02月29日

ちりとてちん第126話「箸は家族の象徴でした」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第22週「聞かぬは一生の恥」2/29(金)第126話  
★★★★

喜代美の父・正典★松重豊

「えっ??秀臣さんが???」

小次郎(京本政樹)さんが

「製作所たたむって秀臣さんが言ったんや。清海ちゃんがお婿さんをもらってあとを継ぐ見合い話しも断ったらしい。」

「そこまではできんと思い直したんやろうね」と糸子(和久井映見)さん

「製作所はそこまで追い詰められてたのか・・・」

★★★

清海の母・静さんの病室で・・・秀臣さん・・

「清海の見合いは中止した」

「ありがとう、おとうさん・・・・」

★★★

清海(佐藤めぐみ)が夜中に和田家を訪ねます。
「おとうさん来てませんか??おかあさんから様子が変やったと電話があって・・・」

糸子(和久井映見)さん「落ち着きなさいね、・・」と言って、喜代美(貫地谷しほり)や正典さんを起こします・

「不安なときは役に立たんもんでも仰山おったほうがキモチが楽になる」って言ってくれます。

エーコちゃんは「おかあさんがここに来るって言ったで・・」

そこへ小梅さん(江波杏子)・・・「こっちへ来なさい」

秀臣さんは・・和田家の作業場にいました・・

奈津子さんは・・「秀臣さんにとって若狭塗り箸はなんだったんでしょうか???」と場違いな??取材体制・・

小梅さんも「聞きたい、聞きそびれたままでしたからな」と言い・・

★★★

「ボクは塗り箸を辞めます・・・食べてはいけない・・・」

秀臣さんは語り始めました・・・

「ワタシは、子どものころ上手く箸がもてませんでした。父の祖国のスタイルで暮らしてましたので・・・」

糸子さん・・「それで、ジョントラボルタみたいに男前なんやね!!」

小梅さんは「ジェームスディーンが来たかと思いましたよ・・・」

秀臣さんは続けます

「父が祖国に帰ってしまい、母は新しい家族を持ちました。そこでワタシはなじめないのは箸が使えないせいだと思いました。
なんとか箸を上手に使えるようになりたくていろんな箸を試しました。慣れてくると、一番手になじむのが若狭塗り箸でした。
ようやく箸が使えるようになって、みんなで鍋をつついたとき、ようやく受け入れてもらえたような気がしました・・・ワタシにとって箸は家族の象徴でした。伝統若狭塗り箸の職人になりたくて私は小浜にきました。あたたかく迎えてくれて本当に嬉しかったです。あるとき中学生だった正典くんが工房にはいってきて、ほんの遊びで箸をつくりはじめたんです。それが、全然違ったんです。先代・・いやもっと前から脈々と受け継がれている箸で、ワタシが作る箸とは全く別のものでした。正平くんがつくる塗り箸を見たときもそう思いましたよ。だから、あのときと同じだと言ったんです。
ワタシは、先代や正典くんが作るような箸はつくれない・・よそ者なんだと思いました。そのときであったのが静です。静は取引先の娘さんでした・・」

小梅さん「静さんはええ娘さんやと正太郎ちゃんも喜んでました・・」

秀臣さんは・・「結婚して。友春が生まれて私は幸せでした、同時に不安になりました。自分は伝統若狭塗り箸の職人として家族を幸せにしていけるのかと・・でもあきらめるのはイヤでした・・あきらめさせてくれたのは正典くんでした・・。

正典さんが糸子さんの元へ行ってしまい、自分が継ぐべきだとわかっていても・・正典さんの箸にはかなわないと思いました。努力や情熱だけではかなわない境地というものがあります・・・

正太郎師匠は、あかん、やり直しや・・と言うばかり、正典君のかわりはつとまらない・・そう思わされる日々でした。

とにかく作り続けるしかないと思い、励んでいたとき・・正太郎師匠は・・・正典くんとボクを間違えて・・・

それが決定的なできごととなって私は師匠の元を離れました・・・」


喜代美(貫地谷しほり)・・・塗り箸への深い深い愛情を感じていました・・

★★

ちりとてちん第125話「そんなことはお互い様や・・・」

“朝の顔”が貫地谷しほりから榮倉奈々へバトンタッチ!

ちりとてちん第124話「ムリ!!」

ちりとてちん第123話「おんなじだ、あのときと・・・」

スタジオパークからこんにちわに四草さん役加藤虎之助さん登場

(02/25)ちりとてちん第122話「ワタシの人生はめちゃめちゃや」


今週第22週のちりとてちん「聞かぬは一生の箸」

★★★

先週のちりとてちん「うそつきは辛抱の始まり」

★★★

“朝の顔”が貫地谷しほりから榮倉奈々へバトンタッチ!

貫地谷しほり涙…涙「ちりとてちん」クランクアップ

★★★



posted by ちりとてちん at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第22週(2/25〜3/1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。