2008年02月16日

ちりとてちん第115回まずは地獄へどうぞ、志保さんも待ってますで・・・」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第20週「立つ鳥あとを笑わす」第115回・2/16(土)


喜代美(貫地谷しほり)は笑顔で創作落語を演じきります。

後を引き継いだ、四草(加藤虎之助)

そんな気取った地獄行きたくないわーーという草若師匠の声が聞こえました

小草若(茂山宗彦)

明るい落語を楽しみにしてる人ぎょうさんおる、思いっきりやったらええ・・という草若師匠の声・・

草々(青木崇高)

草々、お前の落語については心配してない・・ただ、若狭のことも落語と同じに大事にしてな・・


草原(桂吉弥)

草原、お前がいてくれてほんまに助かった・・お前という一番弟子がいなかったらあんなばらばらな連中、まとめられなかった・・あとはお前に任せたよ、徒然亭の落語を引き継いでや・・・


(我が家の息子は草原さんの落語に大笑いです・・・^^)


もそれぞれ草若師匠(渡瀬恒彦)の言葉を思い出しながら、地獄八景を演じます・・

みんなが集まった草若師匠の病室・・・草若師匠は笑っていました

糸子(和久井映見)さんは・・「はよ、5人で手を握って・・」と小次郎さんたちに叫びます・・

草若師匠が、笑顔のまま息を引き取りました・・・

草若弟子の会は盛況のうちにおわりました・・・

居酒屋寝床では、用意したはずの、徳利と盃が消え・・・

喜代美のもとに草若師匠が・・・「ほんとにどんくさいなーー」

舞台では・・

草原さんがご挨拶・・

「これからも師匠に負けずに精進いたしてまいります。本日は誠にありがとうございました・・・」

夢ともなく現ともなく・・・

地獄への道をあるく草若師匠・・・喜代美のおじいちゃんと会っています

おじいちゃんは「天国でも地獄でも好きなほうでどうぞ、まずは地獄へどうぞ、志保さんも待ってますで・・・」


02/15)ちりとてちん第114回「草若師自分と同じ過ちを繰り返す息子をみて、死んでも死にきれんでしょう・・」
(02/14)ちりとてちん第113回「どんな模様になってでてくるか楽しみです」
(02/13)ちりとてちん第112回「亡くなった父が、ワタシや喜代美の道を照らしてくれてる気がするんです・」
(02/12)ちりとてちん第111回「箸みたいなこちょこちょしたもん作らんで自由に、好きなように生きたらええ」
(02/11)ちりとてちん第110回「オレの代わりに地獄八景やってくれ」



貫地谷しほりも「福は内」

俳優・松重豊さんがココセレブインタビューに登場です!


連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/  



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。