2008年02月04日

ちりとてちん第104回「生きている間にやらなあかんことがあります」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第19週「」第104回・2/4(月)


糸子(和久井映見)さんは糸子さん・・・が草若師匠(渡瀬恒彦)に尋ねます・・

ほんまのこと教えてください・・どっかお体の具合が悪いのでは???」

草若師匠は、手遅れの病気でした。・・・「誰にも言わないでください・・」と。「病院のベッドで寝てたらなにもできません。生きている間にやらなあかんことがあります」

★★★

「創作落語をしろと師匠が言ったのか??」と草々(青木崇高)さん。

居酒屋寝床で尊厳さんの創作落語を見せてもらいました。

落語をめぐって言い争いを始める、草々さんに尊厳さん・・

落語は古典でも新作でも、芸術やという兄さんも登場・・

★★★

糸子さんが夕飯の支度・・「しばらく帰らん・・」と。

「喜代美・・草若師匠は、おかあちゃんの才能を見抜いているらしい・・落語家の修行しようかと思って・・・」

★★★

草若師匠は「地獄八景(じごくばっけい)」の稽古をしていました。

地獄八景(じごくばっけい)

地獄の入り口で、喜ぃさんとご隠居さんがばったり出会います。

・・死んでみると色々心残りがありますなー

何が心残りや??残してきたサバ全部食べてきたらよかった・・・ほか、1時間以上つづく・・

喜代美、「いつかやってみたいので教えてください・・」

草若師匠・・「あかん、お前には教えられん・・・」

★★★



★★★

落語が受けないと悩む喜代美への兄弟子たちのアドバイスは・・

草原さん「続けとったらわかることもある・・」四草さん「お前がヘタだから」
草々さん・・「お前が女やから」
小草若さん「オレに聞いてどないすんねん」
師匠・・・「あんた、落語が好きやねんなー」

★★★ 

今週のちりとてちん「地獄の沙汰もネタ次第」

★★★

ちりとてちん第103回「お前は創作落語をせぇ・」
ちりとてちん第102回「蜩はかなかなではなく、こわいこわいと鳴いてるのかもしれませんな
ちりとてちん第101回「なんも解決しとらん」
ちりとてちん第100回「口先ひとつで笑わせて金をとる落語家はすごい・」ちりとてちん第99回「失敗しても、またやり直したらエエ・
ちりとてちん第98回「落語はもともと個人芸・・」

先週のちりとてちん第18週「思えば遠くへすったもんだ」

「まんじゅうこわい」

貫地谷しほりも「福は内」

俳優・松重豊さんがココセレブインタビューに登場です!


連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/    
 


posted by ちりとてちん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第19週(2/4〜2/9)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。