2008年01月17日

ちりとてちん第89回「一生懸命なアホほど愛おしいもんはない・・」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第16週「人のふりみて我が塗り直せ」
第89回・1/17(木)


「順子さんと結婚させてください・・」と順ちゃんのお父さん・幸助(久ヶ沢徹)とお母さん・松江(松永玲子)に頭を下げる友春さん・・

順ちゃんのお父さん・幸助(久ヶ沢徹)★小浜の庶民派食堂の店主。順子の父親。けんかの仲裁が趣味で、けんかをしている人を見ると駆けつけ、売り物の焼き鯖を食べさせ仲直りさせてしまう。犬のけんかまで仲裁しようとして、家族にはあきれられている。

順ちゃんのお母さん・松江(松永玲子)★幸助の妻で、食堂のおかみさん。喧嘩の仲裁ばかりで商売の下手な夫に代わって、店を切り盛りしている。ミーハーでおしゃべりと噂話が大好き。小草若がテレビロケで食堂に来たときには、喜んで舞い上がってしまう

いっせいに驚く

「なに言うの・・ワタシはあんたと結婚なんかせーへん」と順ちゃん・・

「当たり前や」と順ちゃんのお父さん・幸助(久ヶ沢徹)

「子どもはどないすんのや」と友春さん

「ごめん・・・」と喜代美・・・

「どういうことや・・・」順子ちゃんの父

「友春くん、説明しないと・・」糸子(和久井映見)さん

すいませんと頭をさげる友春さんに、糸子さんは

子どもを作ったのは、友春さんだけやない、あやまるんだったら順子ちゃんも一緒に謝るべきや・・

ごめんなさい・・と頭を下げる友春さんと順子ちゃんを見て、今度は糸子さん・・は

あやまるな・・謝ったりしたらおなかの子が可哀想や・・」と糸子さん・・

「お前みたいなアホに可愛い一人娘をきずもんにされて責任の取りようがあるか・・」と順ちゃんのおとうさん・・泣き崩れる母・松江さん・・

順ちゃんはきっぱりと・・「ほんま、あとあき考えんと・・まーいいわー別れよう、私はこの食堂をつがなあかん、結婚はムリや・・」

友春さんを帰す順ちゃんと順ちゃんのお父さん・・・

順ちゃんのおとうさんは「お前に限って・・と思ってた・・・」と言って・・部屋へ戻っていきました・・


★★

ぷりぷり怒りながら正平君の部屋で布団を敷いている草々(青木崇高)兄さん・・

「若狭のやつ・・人が心配して言ってやってんのに・・・」

★★

喜代美(貫地谷しほり)の部屋には順ちゃんが・・・

「冷やしたらあかんで・・順ちゃんはベッドで寝てね・・・」と喜代美・・・

「ごめんな、迷惑かけて」と順ちゃん・・(見てるワタシまで泣きそうになりました)

「順ちゃん・・・なんで友春さんなの??」と喜代美

順ちゃん「びっくりしたやろ・・わたしな子どもの頃から感動することがない子やったんや・・初めてのはずなのにどっかで見た気して感動できへんのや・・そんなワタシが、わーきれーやなーって生まれてはじめてほんまに感動したものがあるねん、喜代美の花嫁姿や・・・・

小学校3年のときに引っ越してきて、いつも自分は脇役や言ってた喜代美がこんなキレーな花嫁さんになったんやなーってホンマに生まれて初めて感動した・・・そこへ友春さんが来ていきなり抱きしめられて・・人の体ってあったかいなって思った・・・友春さんてアホや思ってたけど、やっぱりアホや・・アホやけど、一生懸命生きとる・・喜代美、一生懸命なアホほどやっかいな者はないで。けど、一生懸命なアホほど愛おしいもんはない・・どーもワタシはそういうもんに惹かれるみたいや・・・

★★

「お父さん、ごめん・・・」と父・秀臣に頭を下げる友春さん・・・

「オレ、この若狭塗り箸製作所を継ぐことはできません・・魚屋食堂の順子に子どもができました・・順子は一人娘で魚屋食堂を継ぐって決めてる。けど、オレは責任とりたい、順子と結婚して魚屋食堂をつぎたい・・」

秀臣は・・「お前にがっかりさせられてばかりや・・・」


★★


観光協会長・竹谷修さん(渡辺正行)が正典(松重豊)さんの仕事場へやってきて・・・「秀臣さんのとこは経営不振みたいや・・」


★★

「順ちゃんになんかしてあげたい、どうしたらええのやろ・・草々に兄さん」と草々(青木崇高)兄さんに相談する喜代美・・・

草々兄さんは「オレは口出しせんほうがいいんやろ・・・」

けど・・草々さん「どないしたらええんやろな・・」

そこへ糸子(和久井映見)さんが・・

「喜代美、集合かけなはれ、はように!!」

★友春(友井雄亮=ともいゆうすけ)★清海の兄で、若狭塗箸製作所の跡取り息子。将来の社長気取りで態度が大きく、常に自分に都合よく物事を解釈する。小学校の頃は喜代美に惚れていて、いずれ結婚すると勝手に決め込んでいて、喜代美の卒業を機に、結婚を申し込むが・・・ふられてます。

★、順子(宮嶋麻衣)ちゃん★喜代美の友達で、魚屋食堂の一人娘。あれこれ悩む喜代美に、クールな眼差しでいつも的確なアドバイスを与えてくれる頼れる存在。時に厳しいことも言うが、「あんたの人生の主役はあんたや」と励ましてくれる


ちりとてちん第88回「順子さんと結婚させてください・」
ちりとてちん第87回「やっぱ若狭がエエと思いたいから、ここへきたのや」
ちりとてちん第86回「ケンカはなこじれてしまったら取り返しのつかんようになる」
来週のちりとてちん第16週「人のふりみて我が塗り直せ」


「ちりとてちん」に五木ひろし 10年前の自分を熱演


連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/

 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。