2008年01月19日

和久井映見、20歳役に挑戦も「背中が30代」

NHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん」・・

年明け早々(1/4)、喜代美(貫地谷しほり)ちゃんと草々さん(青木崇高)が結婚し、今週は早々と夫婦喧嘩で別居・・??おまけに小浜の喜代美の実家でも母・糸子さん(和久井映見)と父・正典さん(松重豊)の夫婦喧嘩勃発、別居??・・と、毎日見るのがちょっと飽きてきたな・・と思うと、展開が早まって、目が離せない状況なるNHK朝の連続ドラマちりとてちん」・・

1/12の「ちりとてちん」、草若師匠(渡瀬恒彦)の「・・・壁をとっぱらったことで、見えなかったことがみえてくる、イイコトも悪いことも・・」のセリフが印象的・・こういうときに流れる音楽がまたいいんです・・(松下奈緒さんがピアノを演奏しています・・)

まだ37歳と若いのに、21歳の女の子・喜代美のお母さん役を演じている和久井映見さんは、21日から放送の第17週「子はタフガイ」では、夫役の松重豊(44)との若いころを振り返るシーンで20歳役に挑戦。12日に出席した>「ちりとてちん」の試写会では、喜代美役の貫地谷しほりさんとVサインで報道陣の前に登場・・20代を演じたことについて 「モニターで見たら(自分の)背中が30代でした・・」と照れくさそうにに話したそうです。

和久井映見、20歳役に挑戦も「背中が30代」
和久井映見さんとちりとてちん

NHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん

ちりとてちん1/12(土)「そんなこと生活できるだけ稼いできてから言ってくださいっつ」
ちりとてちん1/11(金)「そんなことはおとうさんみたいな名人になってからいいなはれ」」

来週のちりとてちん第16週「人のふりみて我が塗り直せ」

「ちりとてちん」に五木ひろし 10年前の自分を熱演
(01/08)スタジオパークからこんにちわに草々さん役青木崇高さん登場


posted by ちりとてちん at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちんニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。