2008年01月10日

ちりとてちん第83回「お兄さんにはなしてごらん・・」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第15週「出る杭は浮かれる」第83回・1/10(木)

「ワタシは今、天狗座に来ておりますー。こちらは天狗トリオさんの楽屋ですーー」とたどたどしくレポートする、喜代美(貫地谷しほり)

若い女性の落語家は珍しいらしく、喜代美はタレントとして重宝されるようになっていました・・・

そのころ、自宅には弟の正平くんが訪ねてきていて・・・仕事で喜代美が留守とわかって帰ろうとしますが、草々(青木崇高)さんは「お兄さんにはなしてごらん・・」と・・・

正平くんは、恐竜博物館の学芸員になりたいと思っている。博士号をとらねばならないが、そのためにはアメリカへ留学しなくてはならない・・けど、家にはオカネはない・・おとうちゃんをこれ以上追い詰めたくない・・・喜代美にどうこうしてもらうつもりはないけれど、話を聞いてもらいたくなったんや、お姉ちゃんも忙しそうだから、心配かけたくないし、黙ってて・・・という心優しい正平くんです。

草々さんは「遠慮せんと、いつでも話しにきたらええ」と言って帰すのでした。

その夜、帰宅した喜代美に「たまに小浜に帰らなくていいのか??」という草々さんでしたが・・喜代美は仕事がいっぱい・・ラジオ番組のアシスタントもするのです・・

居酒屋寝床では・・口々に噂話・・若狭ちゃん、大活躍・・けど、ダンナさんの草々さんとしては、奥さんの喜代美ちゃんの稼ぎがいいのは苦痛やろうなーーーと・・。

そして・・給料日・・喜代美は「こんな大金もらったことない・・」(どれくらいか明らかにしてほいーよー)と草々さんに通帳を見せ、草々さんも驚きます・・「小浜に仕送りせんといいのか??」といわれ、・・・
もらってきたロケ弁を草々さんに渡して、小浜に電話する喜代美

母・糸子(和久井映見)さんは「ありがとう、気持だけもらっておく。そのお金は貯金しなさいね・・・」

喜代美はこの頃から「やっていけるんやろうか」と口にすることが亡くなり、草々さんも「勝手にせー」と言うことがなくなっていきました。


(01/08)スタジオパークからこんにちわに草々さん役青木崇高さん登場


ちりとてちん第82回「出演料はどないなるんですか!!」
ちりとてちん第81回「やっていけるんやろか」
ちりとてちん第80回「ーオレの落語でお前のこと食わしてやる」

今週のちりとてちん第15週「出る杭は浮かれる」


ちりとてりん・新春増刊号

連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/

 


posted by ちりとてちん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第15週(1/7〜)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。