2008年01月07日

ちりとてりん・新春増刊号

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちんは、これまで朝ドラを見なかった人にも「面白い」と好評なドラマのようです。
12月27日(木)のちりとてちんの視聴率は17.6パーセントで、12/24〜31の視聴率ランキングでは13位でした。

お正月休み、ちりとてちん新春スペシャルということで、番組がありましたが、草原兄さんがナビゲータとなってちりとてちんにまつわる話しを色々紹介していました。面白かったです。

居酒屋「寝床」では、マスターの熊吾郎さんがあまり上手ではない歌を延々とお客さんに聞かせるのですが、こういう落語があるのだそうです。

名前も「寝床」・・義太夫好きだが下手なだんなが長屋の住人に無理やり聞かせる・・というお話し

●、喜代美(貫地谷しほり)は大阪で草々(青木崇高)さんや
草若師匠(渡瀬恒彦)師匠と初めて出会うシーンとよく似た場面が出てくる落語は・・・・

くしゃみ講釈」・・講釈士が唐辛子の煙を吸い込み、くしゃみを連発してしまうお話し・・

確かに、喜代美ちゃん、くしゃみ連発してました・・・
10月18日、第15回目のお話しです

ちりとてちん第15回「お前なにもんやー」10/18

●草若師匠が、出前の支払いをごまかすシーンは落語の「掛取り」といって、死んだふりをして借金取りを追い返すお話しだそうです。

ちりとてちんのオープニングでは、蝉の絵が出てくるのですが、これは徒然亭の紋だそうです。徒然日記の「徒然なるままに日暮し・・」の日暮し⇒蜩に変えて、紋としているのだとか・・・。なんと、草若師匠宅の障子のサンにも使われていました。

ちりとてりんこれからのお話しは喜代美と草々さんの結婚生活が始まったものの、喜代美は、当然!!女将さんと落語家の二束のわらじを器用にはけず、もがき苦しむ様子が描かれていくのだとか・・・五木ひろしさんも一月下旬あたりに登場するのだそうです・・

ワタシが気になるのはA子ちゃん(佐藤めぐみ)・・どうなったのかなーー。あと、友春さんと順ちゃんは結婚するんでしょうねー???
父・正典さんのお箸がどうなっていくのか(爆発的に売れるとか??)・・興味は色々です

今後のちりとてりんの展開が楽しみ・・できれば・・重い話しは少なめにして、いっぱい笑わせてほしいものです。

(01/05)ちりとてちん第79回「一生懸命生きてきた証や」
(01/04)ちりとてちん第78回「結婚は一人暮らしよりもっと独り立ちすることや」


連続テレビ小説ちりとてちんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/


posted by ちりとてちん at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちんよもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。