2007年12月24日

ちりとてちん第73回「オレは3年前の飲んだくれのおっさんのままや」

貫地谷しほりNHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん第13週「時は鐘なり」第73回・12/24(月)

一門会の日がやってきました。

喜代美(貫地谷しほり)が、直した座布団を草々(青木崇高)に渡そうとしましたが、

草々さんは「座布団をどうしたんや??」と聞く、草原(桂吉弥)

「もうあの座布団はいらんのです。オレには師匠さんがいてはりますから・・」喜代美は「草々兄さんのふるさとやから・・」と奈津子さんに話しながら、ツギをあてて縫った座布団を渡しぞびれてしまいます。

喜代美は、お客さんで一杯の会場をみて「年季なんてあけんでいい、あんなとこで落語なんかできないっ」と怖気づいてしまいます。

草若師匠(渡瀬恒彦)は、そんな喜代美を見て、「ほっとけほっとけ」・・と・・

続けて「よう、みんなでこの天狗座に戻ってこれたなー。6年前、若狭はここにいなかった・・3年前、庭先に現れてそのままいついてしまった・・。あんたが思うように変われたかどうかはしらん・・けど、あんたがおらんかったら、オレは3年前の飲んだくれのおっさんのままやった・・」その言葉に力をもらう喜代美・・

前座の喜代美が、ステージにあがりました・・

「この高座に年季明けがかかっております・・」と話しだす喜代美・・

でも喜代美は、これで年季があけなくてもいい、こんな私を辛抱強く見守ってくれた人達に人生のど真ん中を歩いている私をみてもらいたい・・

とだけ思いながら「ちりとてちん」を演じていました・・

客席の父・正典さんは「あたしは研いでも研いでも後悔ばっかりのお箸にはないたくないんや、おとーちゃんとケンカして家をでたこともいつかキレイな思い出になると思う・・」と言った言葉を思い出していました

喜代美の高座は客席からたくさんの笑いをいただいて無事、終わったのでした。

今週のちりとてちん第13週「時は鐘なり」
『ちりとてちん』の細かすぎる演出が話題!? | エキサイトニュース2007-11-30

視聴率こそ前作に比べて落ちるものの、「朝ドラ史上最高の出来!」などの声もあるほど、熱狂的なファンの多い、NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』。

朝ドラの主人公は「明るく前向き」が定番だが、このドラマでは、「後ろ向きで、大事な場面ではいつも弱気になる根性なしが主人公」という点も、「等身大の主人公」として共感を得ている。
「朝、昼、BSと毎日3回観ている」という視聴者も多く、同じ内容なのになぜか「3回目がいちばん面白い」なんて声もあるほどだが、それこそが視聴率が伸びない原因との指摘もある。

このドラマ、とにかく情報量が多く、細かすぎる演出が多いため、後になって「アレはこの展開への伏線だったのか!」と気づくことも多く、忙しい時間帯のドラマとしては、「難しい」という見方もあるようなのだ。

これは意図的なもの? 『ちりとてちん』チーフプロデューサーの遠藤理史さんに聞いた。
「皆さんがおっしゃる『伏線』『コネタ』というのは、ゆうてみればドラマの基本。ドラマをつくる人はみんなやっていることで、朝ドラに限っても毎シリーズやっています。こちらとしては、今日初めて観た人にも面白いドラマであるように作ろうと考えていて、その上で、以前から観てくれてる方にはさらに『お土産』があるといいな、と思ってるんです。それが『伏線』と呼ばれたりするのでは?」

女主人公が伝統を受け継ぐという点では、おかみになる『どんど晴れ』と、落語家になる今作が「かぶる」という見方も多い。さらに、『ちりとてちん』のなかでは、どうしたら主人公が落語家になれるか家族が話し合うシーンで「雨の中で座り込みとかして」「テレビの見すぎ!」「それは明るくて前向きな主人公がやるから良いわけで」などと、『どんど晴れ』への皮肉とも思えるセリフが登場するが……。
「よく『どんど晴れ』と比較されるんですが、『ちりとてちん』をつくり始めたときに、『どんど晴れ』はまだ始まっていませんから(笑)。『どんど〜』も伝統を受け継ぐ話と聞いたとき、かぶったと思い、ネタを差し替えようかとも思ったんですが、やろうとしていることはかぶってもいなさそうだったので、そのままいくことにしたんですよ。(どんど晴れで)南部鉄器のところで主人公が座り込みをするのを観たときは『しまった……』と思いましたが」

それにしても、「弱気で後ろ向きな主人公」は従来の朝ドラへのアンチテーゼでは?
「朝ドラに限らず、ドラマの主人公はたいてい前向きで明るいですよね。そういう意味で、“これまでにない主人公をつくりたい”という気持ちはあります。でも、そのへタレな主人公を見て嫌な気持ちにならないか、そこは危ないところだと思っていて、ナレーションでへタレな主人公を茶化すのも、観ている側が嫌な気持ちにならないためなんです」

ちなみに、この『ちりとてちん』は、よ〜く観ると、前々作『芋たこなんきん』に出てきた本が部屋にあったり、飲み屋の看板がうつったりする。そんな細かい演出も一部で話題だが、
「それはスタッフの遊び心ですね。大阪局制作の朝ドラは毎年美術スタッフがほぼ同じメンバーなので、自分たちの作った小道具に愛着があって、さりげなくセットに置いたりしているようです」
遠藤さんの言う「どこでもやってること」は、それでもやっぱり細かすぎ!! 『ちりとてちん』の今後の展開から目が離せません。
(田幸和歌子)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091196264741.html


posted by ちりとてちん at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちん・第13週(12/24〜)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。