2007年10月17日

草若師匠・徒然亭草々(渡瀬恒彦)

徒然亭草々渡瀬恒彦)★


かつて「上方落語界の四天王」と称された落語家。人気実力ともに群を抜いていたが、とある出来事をきっかけに気力を失い、落ちぶれてしまった。所属していた大手芸能プロにも見限られ、残った弟子は草々一人だけ。ぼろ屋に一人で住んでいる。酒におぼれ物言いは乱暴だが、根は落語と弟子への愛にあふれている。喜代美が転がり込んできたことをきっかけに、落語への情熱を次第に取り戻していく。

渡瀬恒彦)★


連続テレビ小説「ちりとてちん」の登場人物手帳より以前は立派な落語家さんだったと言う徒然亭草若さん。いつも飲んだくれて冗談ばかり言っていますが、草々さんにとってはかけがえのない師匠なんですよね。喜代美は、草若さんの落語家時代を知らないので、今のところ一風変わった家主のおじさんというイメージなのですが…。演じる渡瀬さんは日本の大スターという印象があって、お会いする前はどんな方なんだろうと思っていたんです。実際は、すごく面白い方でした。寡黙なんですけど、面白いことをボソボソとおっしゃる感じです(笑)。
 そんな渡瀬さんに、私はなぜか失態をよく見られていて、この前も撮影の合間にこっそりあくびしていたのを「貫地谷、あくび!」と大きな声でバラされてしまい…。スタッフや共演者のみんなに笑われました(汗)。
 それから、お布団のなかに入っているシーンを撮影したときに本当に寝てしまったことがあって(苦笑)。その時は「貫地谷、今寝てただろ」とこっそり指摘が…。私がとぼけると「寝息がホントっぽかったんだよなぁ」っておっしゃったんです。後でこそっと「実は寝てました」って白状しておきました。何でいつも見つかっちゃうんでしょうね(苦笑)。今後は、失態を演じないよう気をつけます。


posted by ちりとてちん at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちんキャスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。