2007年12月03日

糸子さんの名場面集・・第10位から7位

NHK朝の連続テレビ小説ちりとてちんで、喜代美の母、糸子さんを演じている、和久井映見さんスタジオパークからこんにちはに登場・・

ドラマでは、ごくごく普通??(じゃないですね^^)のお母さんなのですが、やはり今日は少しおめかしをして、糸子さんというより、可憐で、清楚なイメージの女優「和久井映見」さんとしての登場でした。
今日のおしゃれについて「今日は特別やさかい・・」と福井弁でにこやかに語る和久井映見さんです。

和久井映見さんは、16歳でデビュー後、トレンディドラマで可憐なヒロインを演じてきました(1996年、フジテレビ系「ピュア」)、2006年にはNHK大河ドラマ「巧妙が辻」で信長の妻も演じました。

そして今回和久井映見さんは朝の連続テレビ小説ちりとてちんでは、大きな娘を持つ、コミカルで暖かいお母さん役に挑戦中です。

糸子さんを演じるに当たって、和久井映見さんは「糸子さんが登場するとホッとするような雰囲気でいてほしい」と監督からの要望があったので、三食しっかり食べて、体の丸みをつくり、目じりのしわなんかも気にしないようにしているのだとか・・・。

さて「あなたが選ぶ!糸子さん名シーン」投稿フォームには、FAX、メールあわせて、2498通もの投稿があったそうです。

糸子さん名場面集★第10位:師匠を一喝!!11月17日第42回
徒然亭復活の居酒屋「寝床」での落語会の日・・・ぐずぐずしている草若師匠にむかって、糸子さんは「何を眠たいこと言うてるんですか!!師匠は、父親が聞いてやらんでだれが聞くんですか
和久井映見さんは大先輩である渡瀬恒彦さんを一喝するなんて・・と緊張でドキドキだったとか

糸子さん名場面集★第9位:勝負服と越前かに4杯で挨拶11月26日第49回
内弟子入りの日、草若師匠のもとへ、着物姿で挨拶に行き・・「いいえ、他の誰でもない喜代美です。一人前の落語家にしよう思ったら並大抵のことではありません・・どうしてコノ子を引き受けてしまったんだろうと思う日が必ず来ます・・そんときはあの時カニをもろうてしまったなーとこらえてください・・
・・ワタシは「夜も寝んと塗り箸つくって・・」に大笑いでした・・あー、今思い出しても笑えます・・

糸子さん名場面集★第8位:母の背中
大阪に駆けつけた糸子さん・・ホームで別れるときの後姿・・

糸子さん名場面集★第7位:糸子さんの翻訳能力
福井の家族が喜代美の下宿先を訪ねてきたとき・・小草若さんが「誰ですか??頭の悪そうな連中は??」との失礼な問いに、喜代美があわてて、家族にわけわからん説明をはじめたあと、糸子さんは「はーー、なるほど、草原さんと四草さんは落語を離れて別の仕事をなさっていて・・」と見事に、喜代美の説明を通訳・・1を見て10も100も知っている・・という素晴らしいシーンだそうです

★今週のちりとてちん
第10週「瓢箪(ひょうたん)から困った」

★★

(12/01)第54回「あんたの芸名は若狭や」
(11/30)第53回「好きなことをやり通すためには・・」
(11/29)第52回「最初の落語はちりとてちん・・」
(11/28)第51回「ワタシの居場所に来んといて」
(11/27)第50回「家事は修行や」
(11/26)第49回「夜も寝んと塗り箸を作って・・」

★★★

和田小梅役の江波杏子さんのインタビュー記事
貫地谷 しほりさん(ちりとてちん)噺家「ほんまかいな〜
貫地谷の“告白”に渡瀬「敵です」 
テレビ小説「ちりとてちん」初回視聴率は過去3位の低さ
貫地谷しほりが朝ドラをPR

★★★

連続テレビ小説ちりとてちん」 http://www3.nhk.or.jp/asadora/

スタジオパークからこんにちは http://www.nhk.or.jp/park/



posted by ちりとてちん at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 母・糸子さんの名場面
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。