2007年12月02日

第10週「瓢箪(ひょうたん)から困った」

NHK朝の連続テレビ小説ちりとてちん」第10週「瓢箪(ひょうたん)から困った」12/3〜12/8

入門から3ヶ月。喜代美(貫地谷しほり )は徒然亭の高座名をもらい、初高座の日も決まりました。
演目は「ちりとてちん

一方、小浜でも正典(松重豊)の塗り箸が認められ、大阪の高級デパートから注文が入ります・・・

初高座当日。娘のために糸子(和久井映見)が小浜から駆けつけますが、喜代美は緊張のあまりまともに話すことができず、あげくに肝心のオチを先に口走ってしまいます

みんなの応援に応えられず大失敗した喜代美はすっかり落ち込んでしまいます。
草若師匠たちは皆でなんとか喜代美が立ち直るきっかけを作ろうとしますが、なかなかうまくいきません。

一方、喜代美の初高座を見に来た清海(佐藤めぐみ)草々(青木崇高)の落語姿に惹かれます。

ある日、草々から「自分は落語のために本当に腐った豆腐を食べたことがある」と聞いた喜代美はかつて奈津子(原沙知絵)小次郎(京本政樹)のせいでとんでもないデザートを食べさせられた逸話を思い出します

そして迎えた2度目の高座。自らの体験談を枕に使って喜代美は「ちりとてちん」の話を始めるが、同じ頃草々清海に運命的な出来事が起こります・・・

(12/01)第54回「あんたの芸名は若狭や」
(11/30)第53回「好きなことをやり通すためには・・」
(11/29)第52回「最初の落語はちりとてちん・・」
(11/28)第51回「ワタシの居場所に来んといて」
(11/27)第50回「家事は修行や」
(11/26)第49回「夜も寝んと塗り箸を作って・・」

★★★

和田小梅役の江波杏子さんのインタビュー記事
貫地谷 しほりさん(ちりとてちん)噺家「ほんまかいな〜
貫地谷の“告白”に渡瀬「敵です」 
テレビ小説「ちりとてちん」初回視聴率は過去3位の低さ
貫地谷しほりが朝ドラをPR

★★★

連続テレビ小説ちりとてちん」 http://www3.nhk.or.jp/asadora/


posted by ちりとてちん at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のちりとてちん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。