2007年12月01日

第54回「あんたの芸名は若狭や」

貫地谷しほり朝の連続テレビ小説ちりとてちん第9週「ここはどこ??わたしはだめ??」第53回・12/1(土)

「次の落語会のことなんですが・・、また寝床でやろうと思うんです・・小さい会場で回数を多くしていこうかと思いまして」・・という草々兄さん

「奥さんのためのステージを熊五郎さんが貸してくれるでしょうか??」と、喜代美貫地谷しほり)・・

そこへ熊五郎(木村祐一)さんが現れて・・「わしもエンターテイナーじゃ!!いくらでも使ったらエエ・・賃料は・・いつか大阪一大きいホールで落語会ができるようになったとき、旨い酒でも飲ませてくれ・・」と言ってかっこよく帰っていきます。

「ほな遠慮なく使わせてもらおう」と草若師匠。
続けて、「喜ィ六、出てみるか??初高座??」・・

早速、糸子和久井映見)に電話したところ・・「4月16日は平日やけど、ゼッタイ見にいくでーーお弁当は何がいい??」・・「来んといてーー」と叫ぶ、喜代美でした。

夜、居酒屋「寝床」では、喜代美の芸名の話題で盛り上がります・・・「草じき」(草原兄さん)、「草しき」(四草さん)、「ソーセージ」(小草若兄さん)・・「草りがま」(草々さん)・・

翌日、草若師匠から芸名が発表されました・・・皆が緊張する中、草若師匠は「今回もすぐ決まったわーー。芸名は若狭や」

なんて良い名前・・と思ったのですが・・・、喜代美は、泣くほど気に入らなかったようです・・・。
ふるさと・若狭にいたころの駄目な自分を思い出してしまうから・・・生まれ変わりたくて大阪に出てきて落語家になろうとしているのに・・という思いがあるようです

そんな喜代美草若師匠は言います・・「草々にはふるさとがない・・両親に早くに死に別れて兄弟もいない・・かえって行くところはないんや・・あんたが、頑張れるんはふるさとのおかげやないんか??」

誰にでもふるさとはある。帰る場所がある。つらい思いはせんでもええ・・辛いときには帰っておいで・・・」と歌う糸子を思い出し・・気持を入れ替える喜代美でした・・

★★★

なかなか自分の思いを言葉にできない喜代美・・ほんと、どんくさくって・・昔の自分(今も??)を見てるようで、はらはらイライラ・・このへんに親近感を抱いてしまうのでしょうか??

さて・・草若師匠は・・・???

★★★

第8週「袖振り合うも師匠の縁」11/19〜11/23

★★★

貫地谷 しほりさん(ちりとてちん)噺家「ほんまかいな〜
貫地谷の“告白”に渡瀬「敵です」 
テレビ小説「ちりとてちん」初回視聴率は過去3位の低さ
貫地谷しほりが朝ドラをPR

★★★

連続テレビ小説ちりとてちん」 http://www3.nhk.or.jp/asadora/

今日の芸能の話題・・「結婚できない男」阿部寛さんが結婚かーー


posted by ちりとてちん at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のちりとてちん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。