2007年11月10日

第36回「稽古してたんやなー3年間ずっと」

貫地谷しほり朝の連続テレビ小説ちりとてちん第6週「蛙の子は帰る」第36回・11/10(土)

四草(加藤虎之助)さんの部屋で、喜代美(貫地谷しほり)と草原桂吉弥)さん

「 草々さんは勝手に出てったんです・」と四草さん

さらに、四草さんは「草若師匠は僕らを捨てて逃げたんだ・・・」

そのとき、オウムが「せをはやみぃ・・」と繰り返します・・

そして草若師匠が四草にかけた言葉「お前にはストク院が似合っている、アホで純情で、あったかくて、おもろい・・お前にぴったりの落語や・・」を思い出し、涙する四草さんでした。

3年間、天狗座に出前に通いながら落語を聴いていた四草さんなのでした・・

女将さんの前で草々さんがお参りをしています
そこへ喜代美と四草と草原さんがやってくるのでした・・

師匠の家の前・・なかなか入れない、草原さんと四草さん・・

向いの居酒屋「寝床」で一杯ひっかけてから行く・・という草原さん

「向こうから(師匠)来んかい!!」と鼻息荒い草原兄さん・・酒癖が悪いのでした・・

そこへ小草若さんもやってきて・・「師匠のとこへ戻るなんてアホかい」・・草々さんは「師匠の落語を受け継ぎ、伝えていくんやーー」と言うのでした・・


貫地谷 しほりさん(ちりとてちん)噺家「ほんまかいな〜貫地谷の“告白”に渡瀬「敵です」 
テレビ小説「ちりとてちん」初回視聴率は過去3位の低さ
貫地谷しほりが朝ドラをPR


連続テレビ小説ちりとてちん」 http://www3.nhk.or.jp/asadora/




posted by ちりとてちん at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のちりとてちん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。