2007年11月11日

今週のちりとてちんでは熊五郎さんの歌が聴けるそうです

NHK朝の連続テレビ小説第7週のあらすじは「意地の上にも3年」11/12〜11/17

居酒屋「寝床」にかかるひょうたん型の提灯と看板の筆文字は熊五郎こと木村祐一さんの直筆だそうです。木村祐一さんは書道5級の腕前で、筆が良かっただけと謙遜しているそうですよ


連続テレビ小説「ちりとてちん」から

第7週では、フォークミュージックをこよなく愛する熊五郎が寝床でコンサートを開催!しかし、本人の意気込みをよそに、その歌声は磯七や菊江はもちろん、町内の誰もが顔をしかめるほど評判が悪く…。
 そんな熊五郎が熱い思いをぶつけた『寝床』。この曲には、撮影中に即興で作られたという誕生秘話が…!!熊五郎を演じる木村祐一さんがギターを手に弾き語り、共演者と一緒にメロディを完成させたオリジナルソングだったのです。
 その後、テーマ曲を担当した佐橋俊彦さんの元でレコーディングされ、今後はなんとドラマの劇伴※としても登場予定。熊五郎の熱唱と併せてこちらもお聞き逃しなく!

※劇伴…映画やドラマ、演劇などの背景で流れる伴奏音楽のこと

『寝床』
作詞・作曲:熊五郎
つつき回した鍋底に 
息をひそめてうどんの切れ端

ぷかぷかとうどんの切れ端 
さまよってうどんの切れ端

行き場のないうどんの切れ端
まるであたしのようだねと
お前はつぶやきつまんだねネギの切れ端

安酒に肝臓いわし ろくでなし男に捨てられ 
それでも笑うお前 いたいたしくていとしくて
だから 今日から俺がお前の寝床(リピート)
連続テレビ小説「ちりとてちん」から

貫地谷 しほりさん(ちりとてちん)噺家「ほんまかいな〜
貫地谷の“告白”に渡瀬「敵です」 
テレビ小説「ちりとてちん」初回視聴率は過去3位の低さ
貫地谷しほりが朝ドラをPR


連続テレビ小説ちりとてちん」 http://www3.nhk.or.jp/asadora/


posted by ちりとてちん at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちんよもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。