2007年10月03日

NHK朝の連続ドラマ「ちりとてちん」に出てきた焼きサバって??

丸ごと浜焼サバ(大)1本 - かに、えび、魚介類専門店 「若狭の魚市」 魚屋 「歩」あゆみ
http://wakasa-osakana.shop-pro.jp/?pid=16503

若狭の食文化は鯖とともにあったと言っても過言ではありません。鯖はあらゆる魚の中でももっとも旨みの強い魚ですが、それをもっとも豪快に、思う存分味わえるのがこの一品です。脂の乗った良質の大型のものだけを厳選し、それを豪快に丸のまま串に刺し、ジュージューと余分な脂を落としながらこんがりと焼き上げたその味わいは、香ばしさに包まれた魚の旨みを思う存分堪能できます。 生姜醤油で、又はたっぷりの大根おろしとお醤油で、気取らずにガブリガブリと食べ尽くしてください。
  尚、残念ながら時代は変わり、現在若狭湾では鯖はほとんど取れなくなりました。たまに揚がってもびっくりするほど高価で、高級な鯖寿司用に使われます。ただ若狭湾産の鯖は脂分が少ないため酢〆にするには良いのですが、焼物にするとパサパサになりまったくおいしくありません。これは事実です。そのため現在若狭地方で焼き鯖に使われている鯖はほとんどノルウェー産というのが実情です。「ノルウェー」?と聞くとあまり良いイメージをもたれない方も多いかと思いますが、ただこのノルウェー産の鯖は大変脂分が豊富で、酢〆にするにはややしつこいですが、焼物には本当にもってこいです。香ばしくふわっとした焼き上がりで、青魚の旨みを思う存分味わえます。又この若狭地方は全国でも有数の鯖消費地なので、消費者の目も厳しく、非常に良質のノルウェー産の鯖が入荷してきます。輸入物なら全国どこでも同じ、というわけではないのです。当店のお客様にもノルウェー産ということを納得していただいて買ってもらっています。皆さん「ノルウェー産」というと最初は「エッ?」という顔をされますが、やはり実際に食べて美味しいので、その後も何度でもお買い上げくださります。本当に美味しいですよ!当店ではできる限り商品に関する情報を公開し、お客様に納得して買っていただけるよう努力します。                                                            (商品到着後、その日の内に食べない場合は冷蔵庫にて保存し、三日以内を目処にお召し上がり下さい。食べる直前に電子レンジなどで軽く温めていただけるとより一層美味しく召し上がれます。温めすぎると脂分が抜けてしまいますので注意して下さい) 
http://wakasa-osakana.shop-pro.jp/?pid=16503

今日の「ちりとてちん」 10/3 その2:


posted by ちりとてちん at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちりとてちんよもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。