2007年10月02日

今日の「ちりとてちん」 10/2 その2

10月2日、火曜日の「ちりとてちん」は・・・

同姓同名の和田清美ちゃんに、かなわない・・となにかと落ち込む喜代美ちゃんを慰めてくれるのが、野口順子ちゃん・・・

野口順子ちゃんのおとうさんは幸助さん、おかあさんは松江さん
「魚助食堂」という魚屋さん兼食堂を営んでいます。

おとうさんの幸助さんは、けんかの仲裁が趣味!!けんかをしている人を見つけると・・すかさず仲裁にはいって「焼きさば」をご馳走してくれます・・

野口順子ちゃんは、喜代美ちゃんが、東京から小浜に移り住んだことも、同じクラスに可愛くて賢くて人気者の同姓同名の和田清美ちゃん
がいたことも、すべて隕石がおちてきた・・と思えばよいといいます。つまり天災だと・・。順子ちゃんは、まだ9歳なのに妙に悟ったとこのある女の子なのでした。

隕石みたいなもんと慰められても納得のいかない喜代美ちゃん・・ふくれっつらの喜代美ちゃんに順子ちゃんのお父さんの幸助さんは「焼きサバ」をご馳走してくれるのでした

なにかと元気がなくなりがちな喜代美ちゃんを慰めてくれるのは、おじいちゃん(米倉斉加年)の部屋でいつも聞こえているおもろいお話し・・落語を聞いているときは、イヤなことも忘れ、楽しい気分になるのでした・・・

「焼きサバ」って????


posted by ちりとてちん at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のちりとてちん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。